【2019最新】バックパック・リュックおすすめまとめ【カバンマニアがご紹介】

どうもーぬつですー

今回は月1ペースでカバンを買い替えちゃうカバンマニアがおすすめする、

バックパック・リュックのおすすめをご紹介します!

今おすすめしたいリュックTOP3!

Point
  • mammut seon トランスポーター
  • TheNorthFace シャトル
  • ポーター ユニオン 2wayバッグ

詳細は各カバンの紹介欄をご覧ください。

mammut seon トランスポーター

Point
  • リュックとしても手持ちとしても使える
  • 荷物スペースがわかれていて便利
  • リュック上部のポケットが便利

収納部が大きく2つに別れていて、いいところにポケットがたくさんついている、

筆者が今一番気に入っているカバン。

26Lは手持ちとリュック、18Lはショルダーとしても使える多機能さも魅力です。

【MAMMUT】seon transporter 3way評価・レビュー!〜通勤・通学最強カバンの新作がついに登場〜

ポーター ユニオン 2wayリュックサック

Point
  • 開口部が大きくて便利
  • 荷物がたくさん入る
  • 外側のポケットが便利

ビジネスチックな印象が強いリュックと手持ちの2wayタイプ。

メインの収納部の容量が大きく、外側のポケットも取り出しがしやすいので、

仕事でもプライベートでも使えるカバンになっています。

TheNorthFace シャトル デイパック

Point
  • 荷物を入れても型崩れしにくい
  • シンプルなデザインが人気
  • 入る荷物の量は少ない

ビジネスマンが一番使ってると言っても過言ではないリュック。

2段に別れているポケットと、PC収納部がしっかりしていて、取り出しやすいのが特徴。

デイパックはリュックと手持ち、3wayはショルダーとしても使えます。

カバンの収納量は少なめなので、

普段使いとしてはいいですが、出張などにはあまり向いていません。

通常のデイパックよりも細身な、スリムタイプもあります。

ノースフェイス アクセスパック

Point
  • リュックには珍しいハードタイプ
  • カバンの開け方がレバー式で特徴的
  • 入る荷物の量は少ない

メインの収納部がレバーになっている珍しいタイプのリュック。

ポケットなどはガジェットバックらしくデバイスの収納が多くなっています。

素材もリュックとしては珍しいハードタイプで型崩れしないようになってますが、

値段が高めなのがネック。

 

筆者は1つ前のモデルを使用しています。

【THE NORTH FACE】AccessPack28の評価・購入レビュー!

ノースフェイス フューズボックス

Point
  • 荷物がたくさん入る
  • カラーが豊富
  • カバンの型崩れがしやすい

街中で今一番持っている人が多いと言っても過言ではないリュック。

値段もお手頃で、入る荷物の容量も多いので、学生を中心に人気があります。

 

筆者も以前使用していましたが、重いものを入れたり荷物が多いと、

型崩れしやすいなと感じました。

箱型リュックで型崩れはあまりしてほしくないのでマイナスポイントかなと。

【THE NORTH FACE】FUSEBOX2購入レビュー!〜PC・一眼など荷物が多い人におすすめのリュックです〜

グレゴリー オーバーヘッドデイ

Point
  • 荷物がたくさん入る
  • 背負った時のフォルムがいい
  • ポケットなど収納部分は少ない

グレゴリーの定番リュック。

収納量が多く、ポケットが少ないのが難点。

しかし背負った時のフォルムのかっこよさはリュックの中でもダントツです。

パタゴニア ブラックホール

Point
  • 開口部が特徴的
  • やわらかいエナメル質の素材が珍しい
  • 荷物がたくさん入る

パタゴニア感の強いエナメル質で派手なカラーリングが揃っているリュック。

メイン収納部を開ける部分がフタみたいになってる少し変わったモデル。

少し斜めになっているので中身が取り出しやすくなっているのが特徴。

ポーター タンカー ラウンドデイパック

Point
  • ツヤ感のある素材が人気
  • くたっとなるフォルムが特徴
  • 前面のポケットがマジックテープで使いにくい

ポーターのタンカーと言えばリュックやショルダーなど、

多くの人が使っている人気のデザイン。

 

個人的には前面のマジックテープ・ボタンのポケットが非常に使いにくい印象。

ポケットの数も少ないので、デザイン重視のカバンになっています。

まとめ

いいバックパック・リュックを発見したら随時更新していきます!