【Babolat】M7の評価・レビューまとめ【インプレ】

どうもーぬつですー

今回はBabolat M7のレビュー記事です!

 

【2020年最新】元テニスコーチおすすめ!人気ガットランキング15選【ポリエステル・ナイロン・ナチュラル】

Babolat M7のスペック

ガットの特徴
  • タイプ:反発系
  • ゲージ:1.25/1.30/1.35mm
  • カラーリング:ナチュラル
ガットの性能
  • 打球感:やわらかめ
  • ボールの飛び:飛ぶ
  • ショットスピード:2
  • スピンのかかり:1
  • 耐久力:2

Babolat M7の特徴

ナイロンにしては硬めの打感・・・?

ナイロンマルチという比較的やわらかめのナイロンガットですが、

比較的硬めの打感をしているのが特徴。

乗せて飛ばしてくれるガットではないです。

 

当ブログではナイロンガットの多くはやわらかいと表現してる中、

M7はやわらかめと、他のナイロンガットに比べると硬めの打感になっています。

 

やわらかめのポリエステルと比較したら普通にやわらかい打感です。

シャープな打感でよく飛ぶ

打感が硬めなのに加えて、ぼやっとせずシャープな打感をしているのが特徴。

打感がはっきりしているので、打ったときに打球感を強く感じたい人におすすめです。

Babolat M7の使用感

打球感:やわらかめ

ナイロンマルチの中では比較的硬めの打感。

乗せて飛ばすイメージとは逆で、硬めでシャープな打感をしています。

ボールの飛び・反発力:飛ぶ

硬めの打感で弾き感があるので、ボールの飛びは悪くないです。

ポリエステルガットの飛ばし方に似ているかも??

ショットスピード:2

パーンと飛ぶのでショットスピードが出しやすいかなと。

ただナイロンガットなので飛びすぎる感はないです。

 

球離れも早めなので早いテンポで返球する人におすすめです。

スピンのかかり:1

スピンのかかりはそこまでいいとは感じませんでした。

硬めの打感で飛ばしてくれますが、スピンがかからないので、

スピンガットとして使うのは難しいかなと。

耐久力:2

可もなく不可もなくといったかんじ。

削れて来てからブチっといくまでは比較的粘るかなと。

 

テンション維持も可もなく不可もなくといった感じ。

長く張っているとより硬く感じました。

Babolat M7と比較して欲しいガット

GOSEN TECGUT 16・16L

ガットの特徴
  • タイプ:反発系
  • ゲージ:16=1.30/16L=1.25mm
  • カラーリング:ホワイト
ガットの性能
  • 打球感:やわらかい
  • ボールの飛び:飛ぶ
  • ショットスピード:2
  • スピンのかかり:1
  • 耐久力:1

GOSEN AK PRO 16・17

ガットの特徴
  • タイプ:ホールド系
  • ゲージ:16=1.31/17=1.22mm
  • カラーリング:ナチュラル、ブラック
ガットの性能
  • 打球感:やわらかめ
  • ボールの飛び:飛ぶ
  • ショットスピード:3
  • スピンのかかり:2
  • 耐久力:1

Babolat Brio(ブリオ)

ガットの特徴
  • タイプ:ホールド系
  • ゲージ:1.25/1.30/1.35mm
  • カラーリング:ナチュラル
ガットの性能
  • 打球感:やわらかい
  • ボールの飛び:飛ぶ
  • ショットスピード:1
  • スピンのかかり:2
  • 耐久力:2

Babolat M7の評価・レビューまとめ

以上、Babolat M7のまとめ記事でした。

 

硬いガットは飛ばないから使えないけど、

硬めではっきりした打感が好き、けどガットにそれなりに飛ばしてもらいたい!

という人におすすめのガットになっています。