【メーカー・コート別】テニスシューズの選び方&おすすめまとめ〜テニスコーチがご紹介します〜

この記事のポイント
  • テニスシューズの種類・選び方がわからない!
  • 具体的におすすめのテニスシューズが知りたい!
  • おすすめのメーカーはどこか知りたい!

どうもーぬつですー

テニスシューズはどのように選んでますか?

テニスは激しく動くスポーツなので疲れにくく走りやすいものを選びたいですよね。

今回はテニスコーチの私ぬつ(@nututen)がおすすめしたいテニスシューズをご紹介します。

テニスシューズの選び方

まずはテニスシューズを選ぶときのポイントを押さえておきましょう。

立ってみて小指が痛くないか

テニスシューズを選ぶときは試しに履いてみると思いますが、

靴紐を結び、立ってみて小指が痛くないかを確認しましょう。

 

テニスシューズはつま先が細身になっているものも多く、動いてない状態で小指が当たるとプレイ中に痛みを感じます。

 

特に小指側(外側)は踏み込みや横へ走ったときの踏ん張りで、かなりの負荷、衝撃がかかります。

試し履きの時点で強く当たってないか(痛く無いか)を確認しましょう。

 

逆にシューズが大きくてゆとりがありすぎると、

靴の中で足が動きすぎて擦り傷ができたり、捻挫につながります。

なので多少の圧迫感は必要。

 

履いてみたときに指が軽く当たるくらいのフィット感があるテニスシューズを選びましょう。

靴紐を結んで調整できるものだといいですね。

足の指が必要以上に曲がってないか

テニスショップによっては、足の指ががっつり曲がってるくらいの方が走りやすいなんて言うところもありますが、

私は圧迫感があってあまり好きではありません。

 

個人差はありますが、動いて無い状態で指が曲がるくらいのきつめだと、

圧迫感が強すぎてすぐ足が疲れます

なので履いたときにテニスしてない状態でも、

つま先に圧迫感の感じないゆとりのあるものを選んでいます

 

足の指が踏ん張りが効くなんて話もありますが、

プレイ中は踏ん張ろうとして自然に曲がりますし、

なにより長時間のプレイでも足が痛くなったり疲れない方がいいですよね。

 

そのため、足の指が必要以上に曲がらす、

軽くつま先に触れるくらいのフィット感があるものを選ぶのがおすすめです。

 

筆者は普段28.0~28.5cmの靴を履きますが、

テニスシューズも同じサイズか、メーカーやデザインによっては27.5〜28.5cmとサイズが前後します。

(28.5cmはかなり細身のテニスシューズの時くらいですね)

テニスコートに合った靴を選ぼう

テニスシューズを選ぶときに一番悩むのが

「オムニクレー用?オールコート用?なにそれ?」

どの種類のシューズを選べばいいのかだと思います。

 

まずはシューズの種類をコートの特徴と合わせて確認しておきましょう。

オムニ クレー ハード カーペット
オムニ・クレー用 ×
オールコート用
カーペット用 × × ×

オムニ・クレー用テニスシューズ

オムニ・クレー用の特徴はシューズ裏の溝が多いところにあります

 

オムニコートやクレーコートは砂や土など滑る環境が多いので、

走ったり滑ったときでもしっかり踏ん張れる、グリップ力のあるシューズグリップ力のあるシューズが適しています。

 

オールコート用だと、溝が浅めなのでシューズが砂をつかんでくれなく、オムニやクレーでは滑り過ぎてしまいます。

滑りすぎるとグリップが効かずプレイに影響したり、滑って転ぶなどケガにつながります。

 

また、ハードなプレイをしたりすると土がついたり、砂によって靴底が削れます。

そのため、シューズの側面が頑丈になっていたりと全体的にガッチリ作られているものが多いです。

オムニ・クレー用は靴底がツルツルになったらすべりやすくなるので早めの買い替えが必要です。

 

ちなみにこちらは私のオムニクレー用テニスシューズ

f:id:nututenpura:20170205190136j:plain

 

f:id:nututenpura:20170205190254j:plain

 

裏の溝が多くて広いです。

f:id:nututenpura:20170205190421j:plain

 

点で突起がついているので溝のある面積が広いです。

この広く多い溝が砂や土をつかんでグリップ力を生み出します。

オールコート用

オールコート用の特徴はシューズ裏の溝が少ないのがポイント

オールコートのシューズは溝が少なく、溝の面積が小さいです。

 

ハードコートはコンクリートで出来ているため、砂や土の干渉がありません。

ボールを打つときはランニングショットや打った後の切り返しで、コート上を滑るように走ることが多いです。

 

オールコートでプレイをするときオムニ・クレー用を履くと、

グリップ力が強すぎてシューズが引っかかり、捻挫してしまう恐れがあります

(自分思っているよりも滑らなくて急に止まるため)

 

オムニ・クレー用で代用もできなくはないのですが、コート上での動きに慣れてない人は避けましょう。

 

溝よりもラバーの面積が大きいので、ハードコートでも足がひっかからずに快適に動けます。

 

逆にオムニコートやクレーコートで履くと砂や土をつかまないため、ものすごい滑りますので注意

カーペットコート用

カーペットコート用の特徴はシューズの裏の溝が全く無いこと。

文字どおりカーペットのようなコートなので溝があるとすぐ引っかかります。

なので溝のない全面ラバーのツルツルした専用のシューズがあります。

 

カーペットコート用は種類が少なく、インドアのテニススクールでしかほぼ使わないので専用シューズは正直必要ありません。

ハードコート用で代用することも可能

 

ただハードコート用だと溝があってと結構ひっかかるので、

テニス初心者でカーペットコートのテニススクールに通うことになったのであれば、

カーペット専用のテニスシューズを選びましょう。

カーペットシューズの実物がコチラ

 

f:id:nututenpura:20170205190611j:plain

インドアのコーチやってたとき以来使ってません(

f:id:nututenpura:20170205190907j:plain

溝が全くありません

f:id:nututenpura:20170205190958j:plain

ラバー状でツルツルしてます

メーカー別の特徴・おすすめ

テニスシューズはラケットよりも各メーカーによって特徴があるので、

特徴をまとめつつ、おすすめのテニスシューズをご紹介!

アシックス(asics)

個人的に最強のシューズメーカー

キングオブキング。神の名を持つシューズ(言い過ぎ)

 

ランニングシューズで圧倒的シェアのアシックス、テニスシューズのクオリティも素晴らしいです。

日本人の足の形に合っているためか愛用者がとても多いです。

 

とにかく走りやすくて、

踏ん張ったときの切り返しがしやすく、グリップ力も抜群

 

つま先にかけて幅が広がっているので疲れないし小指も痛くならないシューズ自体の耐久性も高い。

値段が少し高いのがネックですが、アシックスを選んでおけば間違いありません。

 

特にGEL-RESOLUTION(ゲルレソリューション)シリーズPRESTIGELYTE(プレステージライト)シリーズは名作。

GEL-RESOLUTIONはずっしりしていて少しゆとりのあるサイズ感、

PRESTIGEはLYTEは軽めかつ細身でしまるサイズ感になってます。

【2018最新】アシックスのおすすめテニスシューズまとめ!【シリーズ別の特徴も】

アシックス 2018年現在の最新テニスシューズ

オールコート用

オムニ・クレー用

 

 

※サイズは一例です。

NIKE(ナイキ)

フェデラー選手をはじめ、最近では錦織選手も使用してますね。

私自身も以前ナイキのシューズを使っていましたが、足に密着する感じがいいです。

 

シューズの圧迫感は少し強めですがフィットして走りやすいテニスシューズが多いです。

ナイキのテニスシューズの特徴は、何と言ってもグリップ力

ものすごい踏ん張りがききます。

 

反面、走りやすさはアシックスに一歩及ばないかなといった感じ。

ただデザインは、テニスシューズメーカーの中でダントツにかっこいい!

圧倒的にスタイリッシュで、機能も悪くない・・・

錦織選手が乗り換えるのも納得です。

NIKE 2018年現在の最新テニスシューズ

オールコート用

オムニ・クレー用

 

※サイズは一例です。

ミズノ(MIZUNO)

アシックス・ナイキに続いて性能がいいです。

耐久性もディアドラより高く、値段もお手頃で走りやすく疲れにくいです。

学生を中心に人気があるので部活感がかなり強めにはなってます(

WAVE EXCEED(ウェーブエクシード)シリーズは走りやすくてかなりおすすめ

ミズノ 2018年現在の最新テニスシューズ

オールコート用

オムニ・クレー用

※サイズは一例です。

ヨネックス(YONEX)

ヨネックス最大の特徴はパワークッションと呼ばれる衝撃吸収機能

衝撃吸収がすごく、上から卵を落下させても無事なレベルとのこと。

 

履き心地としてのクオリティとしては圧倒的No.1。

ただ値段が比較的高い、デザインがいまいちなものが多い。

 

角ばった形に好みが分かれるなどちょっと上記のメーカーに負けている感じです。

最近はカッコイイデザインも増えてきたけども。

 

最大の特徴であるパワークッションのソールが波状になっていて、履いた感じにちょっと違和感があるので苦手な人は苦手かも。

足は疲れないし走りやすいけど、ちょっとグリップ力が物足りないといった感じ

部活定番メーカーなので学生がよく履いています。

ヨネックス 2018年現在の最新テニスシューズ

オールコート用

 

オムニ・クレー用

※サイズは一例です。

ディアドラ(DIADORA)

走りやすく足も疲れないし、デザインが丸っこくてかわいい、そしてゆとりがある履き心地が特徴。

値段もアシックスより安いものが多いです。

グリップ力が低めなのと横が壊れやすく耐久性が低いのが難点。

ディアドラ 2018年現在の最新テニスシューズ

オールコート用

 

オムニ・クレー用

※サイズは一例です。

ウィルソン(willson)

走りやすいだけでなくグリップ力があるのが特徴。

値段も安くて初心者に特にオススメ。

だけど耐久値がかなり低くすぐ壊れます(穴開いたり、靴底割れたり)

ウィルソン 2018年現在の最新テニスシューズ

オールコート用

 

オムニ・クレー用

※サイズは一例です。

オススメできないメーカー

正直好みはあるけど避けた方がいいメーカー

バボラ(babolat)

グリップ力は結構いいのですが、

疲れる、すぐ壊れる、デザインもイマイチと正直あまりおすすめはできないです。

ラケットのメーカーと考えるのがいいでしょう

アディダス(adidas)

アディダスは正直好みがかなり分かれますが、個人的にはあまり好きでは無いです。

シューズ自体はかなり頑丈に出来ているが、作りが小さめで、靴底がやけに重く走りにくい。

 

小さめに加えて外側はきつく内側は土踏まずがものすごい盛り上がっています。

なので合わない人は全くダメ、好きな人はアディダスしか履かない人が多いです。

最近ではプロでもずいぶん履いている人が少なくなってきた印象ですね。

 

筆者も試合会場で随分見かけなくなりました。

アディダスに近い性能・デザインでいいシューズも増えてきましたからね。

ちなみに代表的なシューズがバリケードシリーズ
(下記はオムニ・クレーモデル)

かっこいいけどかなり細身でキツいし靴底が重いんですよねー

ただ、アディダスのシューズは好きな人はとことん好きなので、試しに履いてみるのもアリだと思います。

プリンス(prince)

グリップ力も弱く締め付けがないのでゆるゆるで性能はイマイチ。

そして圧倒的にダサい。

とにかく安いのが特徴。

シューズ自体は壊れやすいので値段相応といった感じ。

テニススクールに体験レッスンを受けにに行くとレンタルシューズは高確率でプリンスのシューズだと思います。

安いですからね。

おわりに

テニスコートによって特徴も性質も違うので、コートに合ったシューズを選びましょう

コートの特徴についてはこちらの記事をご覧ください。

テニスコートの種類・特徴まとめ!〜試合に挑む前にコートについて知っておこう〜

テニスシューズはプレイに大きく影響を与えるので、自分の足に合うものを選ぶことが何より大切。

履いてみてしっくりくるテニスシューズをみつけてくださいね。