【HEAD】グラフィン360+EXTREMEシリーズの評価・レビューまとめ【インプレ】

どうもーぬつですー

 

最近HEADのラインナップに続々と導入されてるグラフィン360+。

今回HEADのスピン系ラケット、エクストリームにも導入されました!

 

強い面の安定感とブレないクリーンな打感が特徴のグラフィン360+シリーズ。

ということで新エクストリームシリーズについてまとめました!

【HEAD】テニスラケットの特徴・選び方・おすすめまとめ!【評価・レビュー・インプレ】

HEAD グラフィン360+EXTREMEシリーズの特徴

HEADのパワーがあるスピン系ラケット

エクストリームシリーズはヘッドのラケットの中でも飛びがある、

パワーのあるスピン系のラケットになっています。

 

同スペックのラケットとしては他社のラケットよりも飛びは控えめで、

下に落ちる収まるスピンがかかるのが特徴。

 

基本ハードヒットするけど、振られた時はラケットのパワーで飛ばしてほしい、

球際を粘り強く返球したい、という人におすすめのラケットです。

グラフィン360+が搭載!

グラビティからはじまり、プレステージ、スピードにも搭載されたグラフィン360+。

これによりより強い面の安定感と、ブレない、ガチャつかないクリーンな打感を表現できるように。

 

エクストリームシリーズに搭載されたことで、

芯を外した時、ラケットの先の方で引っ掛けた時の安定感が抜群になりました。

【HEAD】グラフィン360+ プレステージ 2020モデルの評価・レビュー・インプレまとめ【ついにモデルチェンジ】

楽よりはしっかりたたく系のラケット

中厚でパワーがある黄金スペックのラケットなので、楽に飛ばせるラケットをイメージするかもしれませんが、

エクストリームシリーズは同スペックのラケットの中では楽はさせてくれません。

 

振ったら振った分だけスピンで落ちる、収まるので、

スイングスピードの早い人向けの、競技志向のラケットです。

 

S、PWRなど飛ぶモデルもありますが、

中級者以上で軌道をあげてグリグリにスピンをかける人には合わないと思います。

ピュアアエロやEZONEなど、よりパワーがあって飛びの強いラケットがおすすめです。

 

一方でパワーがあるラケットがいいけど、ピュアアエロやEZONEなどでは飛びすぎる、

収まりが悪く感じる人にはとてもいいラケットです。

 

フラットドライブを中心にガンガンハードヒットする人におすすめのラケットになっています。

HEAD グラフィン360+EXTREMEのラインナップ


HEAD グラフィン360+EXTREME TOUR

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:98インチ
  • 重さ:305g
  • バランス:315mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ラウンド?
  • おすすめレベル:中上級〜上級?
  • 発売日:2020/07/22

HEAD グラフィン360+EXTREME MP

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:300g
  • バランス:325mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ボックス?
  • おすすめレベル:中上級〜上級?
  • 発売日:2020/07/22

HEAD グラフィン360+EXTREME MP LITE

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:285g
  • バランス:325mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ボックス
  • おすすめレベル:初中級〜中上級?
  • 発売日:2020/07/22

HEAD グラフィン360+EXTREME S

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:105インチ
  • 重さ:275g
  • バランス:340mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ボックス
  • おすすめレベル:初級〜初中級?
  • 発売日:2020/07/22

HEAD グラフィン360+EXTREME PWR

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:115インチ
  • 重さ:230g
  • バランス:375mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ボックス
  • おすすめレベル:初級
  • 発売日:2020/07/22

まとめ

以上、グラフィン360+EXTREMEシリーズのまとめでした。

新情報がわかり次第随時更新していきます!