【HEAD】テニスラケットの特徴・選び方・おすすめまとめ!【評価・レビュー・インプレ】

どうもーぬつ(@nututen)ですー

 

今回は元テニスコーチの筆者が試打してチェック!

HEADの現在のラインナップ、最新のおすすめテニスラケットについてまとめました!

 

HEADの最新モデルは例年通り、中〜上級者向けの競技モデルのラケットが多いですね。

 

テニスラケットの世界シェアがwilsonに次いで2位のHEAD。

日本では使用者があまり多くない印象もありますが、

いいラケットがたくさんあるので要チェックです!

目次

図解でHEADのラケットをチェック!

シリーズラインナップの中で初心者向き、中級者向き、上級者向きのラケットはそれぞれありますが、

wilsonのラケットシリーズの傾向を図解で簡単にまとめました。

HEADのラケットの特徴は?

点で打ってるような特徴のある淡白でマッドな打感

HEADはラケットががっつり掴んでるというより、点で当たってるようなマッドで淡白な打感が特徴。

 

平行スイングでボールの後ろからまっすぐ打つ人には厚いあたりを感じられて好まれますが、

下から上の動作、ワイパースイングでグリグリにスピンをかける人には合わないかもしれません。

 

近年のモデルチェンジでフレームにやや厚みのあるモデルが増えてきましたが、

長年HEADは薄ラケが主力で人気のあるモデルが多いです。

全メーカーで1番ボールが飛ばない

HEADはしなりがありつつも硬質でボールの飛びを抑えてるラケットが多いです。

なので全メーカーのラケットラインナップの中でボールの飛ばないモデルがとても多いです。

 

ラケットアシストが弱いので、自分でスイングしてボールを押せる人におすすめ。

グッと押す感覚を強く感じれます。

 

ピュアドライブやEZONEなどのように、

ラケットアシストが強く、当てるだけでばんばん飛んでくれるラケットは少ないです。

独特の扁平グリップ→徐々に丸型へ

HEADは他のテニスラケットと違い、独自の独特な横長の扁平グリップが特徴でした。

 

何年か前まではほとんどのHEADのラケットで採用されており、

打感やスペックは好きでも、この扁平グリップが合わずにあきらめる・・・

なんて人も少なくありませんでした。

 

しかし2019年のモデルチェンジで扁平グリップの代表とも言えたラジカルも丸型になり、

使う人が増えたように感じます。

(扁平グリップが好きだった人からすれば残念かもしれませんが・・・)

 

一部のラケットでは扁平グリップをに換装することができます。

2019年現在のHEADのラインナップ

ラジカルシリーズ

スピンがよくかかるだけでなく、飛びすぎないのでガンガンっていける競技モデル。

アンドレ・アガシ選手、アンディ・マレー選手が使って爆発的な人気がでました。

 

グリップが以前の特徴的な扁平型から丸型に変わり、

面の安定性が良くなったのでかなり万人向けのモデルになりました。

 

シリーズの中でもラジカルMPは男性でも女性でも使いやすい人気のラケットでした。

程よいボールの飛ばし具合と収まりの良さから、

新作のグラフィン360ラジカルシリーズはかなり人気が出ています。

【評価・レビュー】HEAD グラフィン360 ラジカルシリーズの性能・特徴まとめ【インプレ】

現行モデルの特徴

2019年のグラフィンシリーズから代名詞と言われた扁平グリップから丸型グリップにモデルチェンジしました。

もともラジカルはスピンのかかりもよく、打感も好きな人が多い人気のあるラケットだったのですが、

唯一扁平グリップがダメで泣く泣く使えない、という人がとても多いラケットでした。

 

しかし2019年、グラフィン360シリーズで丸型グリップになったことでその人気が爆発。

ヘッドのラケットの中でも飛ぶラケット、けど飛びすぎない収まりの良さから非常に人気があります。

ラジカルシリーズはこんな人におすすめ

  • テニスの想定レベル::中級〜上級
  • ショットのタイプ:スピン系
  • プレイスタイル:ストローカー

スピードシリーズ

硬質なラケットが多いヘッドのラケットの中で、

数少ないしなりに特徴があるラケット。

ジョコビッチ選手がウィルソンからヘッド契約になったのをきっかけに誕生しました。

 

フラットビームと言われるフレームの厚みが均一のラケットで、

ショットコントロールとショットに重さが出るのが特徴のシリーズ。

ジョコビッチ選手が使ってることで有名です。

 

しなるラケットなのでボールの飛びは控えめですが、

苦手なショットがないオールラウンダーなラケットになっています。

【HEAD】グラフィン360+SPEEDシリーズの評価・レビューまとめ【インプレ】

現行モデルの特徴

現行のグラフィン360+シリーズは前作のグラフィン360シリーズよりも打感がかなりやわらかくなりました。

使用ハードルが下がった一方、たたいた時の打感に物足りなさを感じる場合も。

 

飛びと伸びが強くなり、これまでのスピードシリーズとはやや別物のラケットになってる印象。

これまでのスピードを使っていた人は合わない可能性が高いです。

 

しなりよりも弾き感があり、面の安定感が強いので、

ピュアドライブなどの飛びの強い中厚のラケットに近い使用感があります。

 

MPは黄金スペックらしく飛びの強い、安定感がある使いやすいラケットになっていますが、

PROは正直前作のほうがおすすめです。

スピードシリーズはこんな人におすすめ

  • テニスの想定レベル::中級〜上級
  • ショットのタイプ:フラット系
  • プレイスタイル:オールラウンダー

エクストリームシリーズ

ガスケ選手使用シリーズ。

しっかりとボールが食いつき、重さのあるヘビースピンが打てるラケット。

 

ヘッドのラケットは基本的にフラット系のショットに特化しているラケットが多いのですが、

エクストリームシリーズはゴリゴリのスピン系ラケット。

 

スピン系ラケットとしては弾きが強すぎずややしなり感があるので、

やや飛びを抑えられている中厚ラケットになっています。

【HEAD】グラフィン360+EXTREMEシリーズの評価・レビューまとめ【インプレ】

現行モデルの特徴

2020年にモデルチェンジした現行モデルは、

引っ掛かりが強く持ち上げやすい、また収まりもいいスピンラケットになっています。

 

すごい飛ぶけど、すごい収まるので、スピンでぶんぶん振り回すような人には

非常に気持ちがいいラケットになっています。

 

スピンラケットですが打感があまりハードではなく、

ボールをつぶしてもしんどさを感じずに、スピンをねじ込んでいけます。

 

中厚でパワーのあるラケットが好きだけど、

飛びすぎてアウトミスばかりという人に非常におすすめのスピンラケットになっています!

エクストリームシリーズはこんな人におすすめ

  • テニスの想定レベル::中〜上級
  • ショットのタイプ:スピン系
  • プレイスタイル:ストローカー

インスティンクトシリーズ

シャラポワ選手、ベルディヒ選手使用シリーズ。

ボールの飛びが良く、スピンよりもフラットドライブ、

低い軌道でノビのあるショットが打てるのが魅力のラケット。

 

硬質なラケットが多いヘッドのラケットの中で、

やわらかさのあるフレームが特徴。

 

中厚のラケットにしては面が暴れず安定しているので、

HEADのラケットの中で1番球際に強いです。

 

今回ご紹介する中では一番扱いやすいラケットになってるので、

テニス初心者にもおすすめのシリーズになっています。

【HEAD】G360+ INSTINCTシリーズの評価・レビューまとめ【飛ぶぞーこれ】

現行モデルの特徴

がっちりめのフレームにしっかりボールの乗るやわらかさが特徴になっています。

軽い力で飛ばせ、ハードヒッターの人が使うとやや飛びすぎるかも?

 

基本的にフラットドライブメインのラケットで、

軽く飛ばせるけど、中厚の飛びすぎるラケットは苦手・・・という人におすすめ。

 

テニス初心者、特に女性におすすめのラケットになっています。

インスティンクトシリーズはこんな人におすすめ

  • テニスの想定レベル::初級〜中上級
  • ショットのタイプ:フラット系
  • プレイスタイル:ストローカー

プレステージシリーズ

チリッチ選手使用モデル。

プレステージシリーズといえば硬い・飛ばない・網目多いでおなじみだったのですが

現行モデルは打感が比較的マイルドになっており、ひっかかりがあってスピンがかけやすくなっています。

(あくまで今までと比較してなのでそれでも固めのラケットですが)

 

ガッツリボールが潰れてるのを感じれるしっかりした打感が特徴。

 

2020年のモデルチェンジで全面真っ赤なカラーリングになりました。

【HEAD】グラフィン360+ プレステージ 2020モデルの評価・レビュー・インプレまとめ【ついにモデルチェンジ】

現行モデルの特徴

現行のプレステージは従来のものよりも全体的に使用ハードルが下がっている印象。

インパクトもシビアじゃないし、スピンのかかりもいいです。

 

スピンのかかりが良く、軌道を上げやすいのが特徴。

ラケットのスペックの割にはしんどさを感じません。

 

やや弾き感があるので、深さが出しやすいのも特徴です。

 

歴代のプレステージシリーズとはやや性格の違う使用感になっているので、

昔ながらのプレステージを想像すると違和感を強く感じるかも。

 

ただ、比較的使う人を選ぶラケットから、使用ハードルが下がって

やや万人受けする使用感になったかなと思います。

プレステージシリーズはこんな人におすすめ

  • テニスの想定レベル::中級〜上級
  • ショットのタイプ:フラット系
  • プレイスタイル:ストローカー

グラビティシリーズ

最近発売された新ラインナップで、

薄ラケなのにボールが飛ぶちょっと変わったラケット。

 

振り抜きの感覚が良く、ラケットアシストの強さもあって、

打ち抜くのがとても気持ちがいいです。

 

ただ、薄ラケなのにボールの収まりが悪く、中厚ほどスピンがかかるわけでもないので、

ちょっとクセがある、使う人をやや選ぶラケット。

 

昔は薄ラケでガンガンハードヒットしてたけど、

前よりも筋力落ちたから昔みたいにハードヒットするのはきつい・・・

という人におすすめ。

【HEAD】グラビティ PROの評価・レビュー・インプレまとめ【ヘビーだけど使いやすい】

グラビティシリーズはこんな人におすすめ

  • テニスの想定レベル::中級〜上級
  • ショットのタイプ:フラット系
  • プレイスタイル:オールラウンダー

テニスのレベル別!HEADのおすすめラケット!

HEADの上級者向けラケット

G360+ プレステージ PRO

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:95インチ
  • 重さ:315g
  • バランス:315mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ボックス(ラウンド併用)
  • おすすめレベル:上級
  • 発売日:2020/01

当たった感覚はマイルドですが、ひっかかりを結構感じるのでスピンのかかりも悪くないです。

 

芯を外すと飛びが悪い薄ラケの特徴はありますが、

腕にずっしりくる、外した時の衝撃がそこまで強くないのが特徴。

 

現行モデルは軌道が上げやすく、スピン系のショットを苦にしないのも特徴。

スペックからしなる系のラケットかな?と想像するかもしれませんが、

弾き感が強いラケットになっています。

 

小さい面で力を凝縮した弾きが生み出す重いショットにスピンが加わった、

ハードヒッター向けのラケットになっています。

【HEAD】グラフィン360+ プレステージ 2020 PROの評価・レビュー・インプレまとめ【弾く・のびる】

G360+ プレステージ  MP

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:98インチ
  • 重さ:320g
  • バランス:310mm
  • ストリングパターン:18/20
  • フレーム形状:ボックス
  • おすすめレベル:中級〜上級
  • 発売日:2020/01

18×20と目が細かいですが、細かい割にマイルドな打感、持ち上げやすさが特徴。

MPとありますが、98インチ320gと重さのあるラケットなので注意。

 

軽量モデルを探している方は305gのプレステージTOURがおすすめです。

【HEAD】グラフィン360+ プレステージ 2020 MPの評価・レビュー・インプレまとめ【飛ぶ!?持ち上がる!?】

ラジカルプロ

ひっかかりが良く跳ねるスピンがかかるのが特徴。

スピンを強めにかけても、フラットドライブで叩いても収まりがいい。

 

飛びとノビがあり、相手コートに深く差し込んでいけるラケットになっています。

【最新】HEAD グラフィン360 ラジカル PROの評価・レビューまとめ【インプレ】

G360+ SPEED PRO

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:310g
  • バランス:315mm
  • ストリングパターン:18/20
  • フレーム形状:ボックス
  • おすすめレベル:中上級〜上級?
  • 発売日:2020/03/05

現行モデルはちょっと使う人を選ぶ印象。

変にやわらかくなったというか、コシがないというか。

 

個人的には前作のG360SPEEDPROのほうが好きです。

あと、現行モデルはMPのほうが使いやすいです。

【HEAD】グラフィン360+ SPEED PRO 2020の評価・レビュー・インプレまとめ【飛ぶ!?持ち上がる!?】 【最新】HEAD グラフィン 360 SPEED PROの評価・レビューまとめ【インプレ】

G360+ EXTREME TOUR

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:98インチ
  • 重さ:305g
  • バランス:315mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ラウンド
  • おすすめレベル:中上級〜上級
  • 発売日:2020/07/22

引っ掛かりが強く強い持ち上がり、スピンの落ち、バウンドが特徴のスピンラケット。

スピンラケットの割に飛びが控えめなので、

ガンガン振っていけるグリグリスピンの人におすすめ。

【HEAD】グラフィン360+EXTREME TOURの評価・レビューまとめ【インプレ】

グラビティ PRO

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:315g
  • バランス:315mm
  • ストリングパターン:18/20
  • おすすめレベル:中上級〜上級
  • 発売日:2019/07

18/20、315gとしんどさを感じそうなスペックながら、

100インチとフェイスの大きさとボールを飛ばしてくれるフレームパワーが

あまりしんどさを感じさせない使用感になっています。

 

フラットドライブでたたいてもいいし、スピンで持ち上げてもOK。

【HEAD】グラビティ PROの評価・レビュー・インプレまとめ【ヘビーだけど使いやすい】

HEADの中級者向けラケット

ラジカル MP

モデルチェンジしてさらにスピンのかかりが良くなったラジカル。

しかし295gとやや軽めで面の安定感に物足りなさを感じる人も。

 

打感の良さと取り回しのしやすさから、

女性を中心におすすめのラケットになっています。

【最新】HEAD グラフィン360 ラジカル MPの評価・レビューまとめ【インプレ】

G360+ SPEED MP

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:300g
  • バランス:320mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ボックス
  • おすすめレベル:初中級〜中上級
  • 発売日:2020/03/05

2020年のモデルチェンジで打感がやわらかくなり、

使用ハードルが下がってかなり使いやすくなりました。

 

飛びもいいので、筋力・スイングスピードに自信がない人にもおすすめです。

【HEAD】グラフィン360+ SPEED MP 2020の評価・レビュー・インプレまとめ【やわらかくてかなり飛ぶ】

G360+ プレステージ TOUR

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:99インチ
  • 重さ:305g
  • バランス:320mm
  • ストリングパターン:18/19
  • フレーム形状:ボックス
  • おすすめレベル:初中級〜中上級
  • 発売日:2020/01

なんでも飛ばす飛ばし屋なラケットが多い中、

飛ばしが強すぎずコントロールがしやすいラケット。

 

しかし飛ばないわけではないので、

プレステージシリーズの中では使用ハードルが低めになっています。

【HEAD】グラフィン360+ プレステージ 2020 TOURの評価・レビュー・インプレまとめ【飛ぶ!?持ち上がる!?】

G360+ EXTREME MP

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:300g
  • バランス:325mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ラウンド
  • おすすめレベル:中級〜上級
  • 発売日:2020/07/22

引っ掛かりが強く強い持ち上がり、スピンの落ち、バウンドが特徴のスピンラケット。

TOURよりも飛びが強く、中厚黄金スペックらしい使用感になっています。

【HEAD】グラフィン360+EXTREME MPの評価・レビューまとめ【2020発売モデル】

G360+ INSTINCT MP

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:300g
  • バランス:320mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ボックス
  • おすすめレベル:上級
  • 発売日:2020/11

100インチ300gの黄金スペックで、ノビのある低い軌道のフラットドライブが得意なラケット。

軽い力で飛ばせる飛びの良さとやわらかめの打感が非常に使いやすいです。

 

HEADの中級者向けラケットとしては1番人を選ばないスペックになっています。

【HEAD】G360+ INSTINCT MPの評価・レビューまとめ【使いやすい飛び具合】

グラビティ TOUR

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:305g
  • バランス:320mm
  • ストリングパターン:18/20
  • おすすめレベル:中級〜上級
  • 発売日:2019/07

100インチで18/20のストリングスパターンと少し珍しいスペック。

ラケットパワーが強く、フレームがボールを飛ばしてくれます。

フラットドライブでたたいても、軌道を上げたスピンのかかりもいい。

 

打感もやわらかいので、305gという重さだけ気にならなければ、老若男女問わずおすすめです。

【HEAD】グラビティ TOURの評価・レビュー・インプレまとめ【オールラウンダーなラケット】

HEADの初心者向けラケット

グラビティ MP

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:295g
  • バランス:325mm
  • ストリングパターン:16/20
  • おすすめレベル:初中級〜中上級
  • 発売日:2019/07

ラケットのアシストが強いラケット。

ボールの飛びが良く、持ち上げやすいので、

筋力、スイングピードがなくても楽にいいショットが打てます。

 

重さだけ気にならなければ最初の一本としてもおすすめ。

初級〜中上級くらいまで長く使えるラケットになっています。

【HEAD】グラビティ MPの評価・レビュー・インプレまとめ【持ち上げやすくコントロールしやすく】

G360+ SPEED MP LITE

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:275g
  • バランス:330mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ボックス
  • おすすめレベル:初級?
  • 発売日:2020/01

軽めですが打感がしっかりしているので、

取り回しがしやすいラケット。

 

ガットのテンションを低めに張って、ボールの飛びを良くすると、

コントロールしやすく飛びも良くなるので、使いやすいセッティングにできます。

G360+ INSTINCT S

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:285g
  • バランス:320mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ボックス
  • おすすめレベル:上級
  • 発売日:2020/11

面の安定感とボールの飛びの良さもあり、

主に男性のテニス初心者の方におすすめのラケット。

 

重さが気にならなければ女性の方にもおすすめです。

関連記事:テニスのレベル別おすすめラケットまとめ

当ブログではテニスのレベル別におすすめしたテニスラケットもご紹介してますので、

あわせて参考にしてみてくださいね。

上級者向けテニスラケット

【2020年最新】テニス上級者におすすめ!人気ラケットランキング【スピン系・フラット系】

中級者向けテニスラケット

【2020年最新】テニス中級者におすすめしたい人気テニスラケットまとめ【スピン系・フラット系】

初心者向けテニスラケット

【2020年最新】テニス初心者におすすめ!人気テニスラケットランキング【男女別】

まとめ

以上HEADのおすすめ・人気ラケットまとめでした。

 

HEADは飛びを抑えて、使用者がガンガンハードヒットするのにおすすめなラケットが多いですが、

近年は厚みが増してボールの飛びとスピンのかかりが良くなったので、

使用ハードルがかなり下がったように感じます。

 

悪く言えば昔ながらのHEADのカッチカチの打感が好きだった人には敬遠されているかもしれませんが・・・

 

筆者の一押しは、

  • ハードヒッターならプレステージシリーズ
  • 強力なショットが打てるのはEXTREME TOUR
  • 一番使いやすいのはインスティンクトMP

 

特にエクストリームシリーズのスピンはかなり強力になっているので、

スピンメインの人にはぜひ試してほしいラケットになっています!

 

【2020年最新】元テニスコーチおすすめ!人気ガットランキング15選【ポリエステル・ナイロン・ナチュラル】