【HEAD】グラフィン360+ プレステージ 2020モデルの評価・レビュー・インプレまとめ【ついにモデルチェンジ】

 

どうもーぬつですー

 

2019年ラジカルをはじめ、話題になりまくったHEADのラケット。

そして唯一モデルチェンジしてなかったプレステージが2020年にグラフィン360+シリーズとして発売が決定!

 

強烈な真っ赤なフレームが印象的です。

YONEXのVCORE、Princeのビーストと、パンチのある赤フレームがやけに流行ってますね。。。

 

今回は発売に先駆けてグラフィン360+ プレステージ 2020モデルのラインナップをまとめました!

グラフィン360+ プレステージ 2020モデル特徴・インプレまとめ

ボックスからラウンド併用ボックスへ!

観戦ボックスタイプのMID以外はラウンド併用ボックスに変更。

丸みを帯びたことでハードすぎるスペックがやや緩和されているかも?

 

現代テニスの厚い当たり、飛びを意識してプレステージも時代に合わせて変化していますね。

 

小さい面!ボックスガチガチ!飛びを抑えたショットコントロール!

のラケットがさらに少なくなりましたね。。。

グリップが丸型へ!(扁平にも交換可能)

2019年に発売されたグラフィン360ラジカルシリーズに代表されるように、

プレステージもHEAD独特の扁平グリップから丸型グリップへ変更されています。

 

正直扁平グリップはあまり評判が良くなかったです。

昔から長くヘッドを使ってる人は扁平グリップじゃなきゃ無理!という人が多いですが、

新しくヘッドを使う人には抵抗感がある人が多かったです。

 

プレステージのコントロール性は魅力だけどグリップが無理・・・

という人も多かったのではないでしょうか。

 

ラジカルも丸型グリップになったことでより人気が出たので、

プレステージシリーズも続きそうですね!

フェイスが大きくなり、フレーム厚が薄くなった

MP、Sのラケット面が大きくなり、フレームが少し薄くなりました。

特にMPの95インチから98インチへの変更は結構ビッグニュース。

 

プレステージの打感は結構好きだったのですが、

どうしても95インチ、ボックスでちょっとしんどいな、という印象が拭えなかったんですよね。

 

フェイスサイズが大きくなり、1mmフレームが薄くなったことで、

プレステージのコントロール性はそのままに使いやすくなったのでは?とかなり期待しております。

グラフィン360+ プレステージ 2020モデルのラインナップ

グラフィン360+ プレステージ MID 2020

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:93インチ
  • 重さ:320g
  • バランス:310mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム厚:20mm
  • おすすめレベル:上級
  • 発売日:2020/01

今回のモデルチェンジで唯一完全ボックスタイプのラケット。

伝統的なMIDタイプはプレステージを代表するラケットでもあります。

【HEAD】グラフィン360+ プレステージ 2020 MIDの評価・レビュー・インプレまとめ【万能黄金スペック】

前作プレステージMIDのスペック

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:93インチ
  • 重さ:320g
  • バランス:310mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム厚:20mm
  • おすすめレベル:上級

グラフィン360+ プレステージ PRO 2020

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:95インチ
  • 重さ:315g
  • バランス:315mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム厚:22mm
  • おすすめレベル:上級?
  • 発売日:2020/01

ラウンド併用ボックスタイプ。

 

スロートの内側丸みが強くなった印象。

スピンのかかりが良くなってるかも?

前作プレステージPROのスペック

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:95インチ
  • 重さ:315g
  • バランス:315mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム厚:22mm
  • おすすめレベル:上級

グラフィン360+ プレステージ MP 2020

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:98インチ
  • 重さ:320g
  • バランス:310mm
  • ストリングパターン:18/20
  • フレーム厚:20mm
  • おすすめレベル:中級〜上級
  • 発売日:2020/01

セミボックスタイプ。

 

95から98インチに大幅モデルチェンジ!

フェイスが大きくなった分薄くしてコントロール性を損なわないようになってるかも。

 

ただ使用ハードルはかなり下がりそう!

【HEAD】グラフィン360+ プレステージ 2020 MPの評価・レビュー・インプレまとめ【飛ぶ!?持ち上がる!?】

前作プレステージMPのスペック

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:95インチ
  • 重さ:320g
  • バランス:310mm
  • ストリングパターン:18/20
  • フレーム厚:21mm
  • おすすめレベル:上級

グラフィン360+ プレステージ TOUR  2020

【特典ガット張り上げ無料】ヘッド HEAD テニス 硬式テニスラケット Graphene 360+ PRESTIGE TOUR グラフィン360+ プレステージ ツアー 234430 2020年1月下旬発売予定※予約
ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:99インチ
  • 重さ:305g
  • バランス:320mm
  • ストリングパターン:18/19
  • フレーム厚:21.5mm
  • おすすめレベル:中級〜上級?
  • 発売日:2020/01

セミボックスタイプ。

 

全体的に丸みが出てラウンド寄りになった印象。

一般ユーザーの主要モデルになると思います。

前作プレステージTOURのスペック

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:99インチ
  • 重さ:305g
  • バランス:320mm
  • ストリングパターン:18/19
  • フレーム厚:21.5mm
  • おすすめレベル:中級〜上級

グラフィン360+ プレステージ S 2020

【特典ガット張り上げ無料】ヘッド HEAD テニス 硬式テニスラケット Graphene 360+ PRESTIGE S グラフィン360+ プレステージ エス 234440 2020年1月下旬発売予定※予約
ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:99インチ
  • 重さ:295g
  • バランス:325mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム厚:21.5mm
  • おすすめレベル:中級?
  • 発売日:2020/01

セミボックスタイプ。

 

プレシテージシリーズの中でも一番ライトなモデルが

今回99インチになって登場!

 

しっかり振る必要はありますが、

プレステージのコントロールのしやすさはそのままに、

かなり使いやすいモデルになってると予想!

前作プレステージSのスペック

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:95インチ
  • 重さ:295g
  • バランス:325mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム厚:22mm
  • おすすめレベル:上級
  • 発売日:2020/01

グラフィン360+ プレステージ 2020モデルの評価・レビューまとめ

以上、グラフィン360+ プレステージ2020シリーズのまとめ記事でした。

 

早く使ってみたいですね!

特にMPが楽しみすぎる。。。

 

年明けに試打する予定なので、詳細はまたラケットの個別記事でもご紹介予定です!

関連記事:レベル別おすすめテニスラケットまとめ

上級者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス上級者におすすめ!人気ラケットランキング【スピン系・フラット系】

中級者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス中級者におすすめしたい人気テニスラケットまとめ【スピン系・フラット系】

初心者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス初心者におすすめ!人気テニスラケットランキング【男女別】