【HEAD】グラフィン360+ プレステージ 2020 MIDの評価・レビュー・インプレまとめ【万能黄金スペック】

 

どうもーぬつですー

今回はHEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 MIDの使用感インプレ・レビュー記事になります!

 

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 MIDの特徴、各ショットの使用感、

おすすめのガット・セッティング、比較してほしいラケットをまとめました。

 

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 MIDが気になっている方は参考にしてみてくださいね。

【HEAD】テニスラケットの特徴・選び方・おすすめまとめ!【評価・レビュー・インプレ】

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 MIDのスペック

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:93インチ
  • 重さ:320g
  • バランス:310mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ボックス
  • おすすめレベル:上級
  • 発売日:2020/01

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 MIDの特徴・インプレまとめ

使用感

Point
  • 打感:かため
  • ボールの飛び:やや控えめ
  • スピンのかかり:普通

全ラケット中最小の面の小ささなのに飛ぶ!持ち上がる

プレステージMIDはプレステージを代表するモデルで、

現代のラケットでは数少ない93インチという全ラケット中最小のフェイスサイズが特徴。

 

93インチでもストリングスパターンが16×19なので全然飛ばないことはないだろう、

と思ってましたが、こんなに飛ぶ!?と思いました。

 

あとびっくりなのが引っかかりがかなり強く、持ち上げてくれるので、

ものすごい軌道が上がること。

みなさんがイメージしてるよりだいぶ持ち上がります。

 

面の小さいラケットはまっすぐ押して直線的な軌道で打つイメージでしたが、

今回のプレステージMIDは山なり軌道でスピンをかけるのも苦としません。

シビアだが打感の気持ち良さはピカイチ

93インチと高反発グリグリスピンが主流の現代テニスにおいては結構シビアなスペックですが、

打球感の気持ち良さはピカイチ。

 

中心でとらえた時の乗り感、グッ、スパーン!と飛んでく感覚はクセになります。

 

真ん中で打球する難しさがありますが、

真ん中でとらえればいいボールが行く安心感があります。

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 MIDのいいところ・向いている人

  • 93インチとは思えない持ち上げやすさ
  • 芯でとらえた時の安心感
  • 打球感の気持ち良さはピカイチ

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 MIDの悪いところ・向いていない人

  • 高反発なラケットが主流の現在では扱うのが難しいラケット
  • フェイスサイズが小さいので当てるのがシビア
  • 使用ハードルがかなり高い

ショット別に見るHEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 MIDの特徴

ストローク

打感が気持ちいい。

一点に集中して力が加わる感じ、芯を外すとしんどいけど、芯でとらえた時の感覚は、

他のラケットにはない感覚。

 

あとは93インチにしては引っかかるし持ち上げやすいです。

片手バックハンドで持ち上げるときの乗りがいいなと。

スライスの乗りもよく、低く滑るスライスが打てました。

 

しっかり押さないと深さが出ないので、グリグリスピンで打つのには向いてません。

筆者は普段98インチのラケットを使っているため、やっぱりシビアかなーと感じました。

普段の感覚で使うと結構ガシャります。

 

個人的には厚いグリップよりも薄いグリップで打った方が打ちやすかったです。

 

普段95インチを使う人なら打球感のマイルドさもあって普通に使えると思います。

むしろ95インチのラケットを含めても打感はマイルドな方なので、

フェイスサイズの小さいラケットが好きだけど、マイルドな打感がいい、という人におすすめです。

ボレー

フェイスサイズが小さいためか取り回しがしやすいなと感じました。

あとコントロールがものすごいしやすい。

狙ったところにきっちり打ち分けられます。

 

球際はやっぱりしんどいです。

合わせるだけだとあまり飛ばないので深さが出ないです。

しかし押してもスライスタッチでも少し押すだけで飛びが出るので、

がっつり押さないと飛ばない、ということはないです。

サーブ

フラットサーブをしっかり振った時の安心感があります。

ガンガン振ってもきっちり収まってくれて、

振った分だけしっかりパワーを乗せてくれます。

 

スライスサーブの曲がりとノビがよかったのが印象的。

外に逃げるサーブの感触がよかったです。

 

スピンサーブはちょっと跳ねが物足りない感じかなと。

面が小さいですが引っかかる感じは強めです。

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 MIDにおすすめのガット

  • ポリエステル縦ナイロンorナチュラルのフェデラー張り
  • 縦横ナイロンorナチュラル

 

面が小さく硬質感のあるフレームなので、

硬いセッティングは合わないと思います。

 

やわらかいガット、テンションは40ポンド前後で、

かなりやわらかめのセッティングにするのがおすすめ。

 

あまり飛ばしてくれないラケットなので、

ガットのやわらかさで深さを出すイメージがおすすめです。

【2020年最新】元テニスコーチおすすめ!人気ガットランキング15選【ポリエステル・ナイロン・ナチュラル】

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 MIDと比較してほしいラケット

YONEX VCORE 95

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:95インチ
  • 重さ:310g
  • バランス:310mm
  • ストリングパターン:16/20
  • おすすめレベル:上級
  • 発売日:2018/10
Point
  • 硬くこすってスピンをかけるタイプ
  • 打感のマイルドさを取るならプレステージ
  • 打感の硬さ、スピンならVCORE95
【最新】YONEX VCORE 95の評価・レビューまとめ【インプレ】

Prince TOUR 95

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:95インチ
  • 重さ:310g
  • バランス:310g
  • ストリングパターン:16×19
  • おすすめレベル:中上級〜上級
  • 発売日:2018/11
Point
  • やわらかさのある打感からノビのあるショットが打てる
  • 全体的な使いやすさ、ノビがほしいならTOUR95
  • 打感の良さ、引っかかりがほしいならプレステージ
【Prince】ファントム100の評価・レビュー・インプレまとめ【薄くてもスピンがかかる】

wilson BLADE V7.0 18×20

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:98インチ
  • 重さ:304g
  • バランス:325mm
  • ストリングパターン:18/20
  • おすすめレベル:中上級〜上級
  • 発売日:2019/08
Point
  • しなりがあり持ち上げやすくスピンがかけやすい
  • 使用ハードルをさげるならBLADE
  • 強い乗り感を求めるならプレステージ
【最新】wilson BLADE 98 18×20 V7.0の評価・レビューまとめ【インプレ】

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 MIDの評価・レビューまとめ

以上、HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 MPのまとめ記事でした。

 

フェイスサイズのわりにやわらかさ、引っかかりがったのが非常に印象的。

今回のモデルチェンジの特徴がよく出てると思います。

 

フェイスサイズの小ささからシビアさは感じますが、

薄いグリップでフォアハンドを打つ人、

片手バックハンドの人は試してもらいたいラケットになっています!

関連記事:レベル別おすすめテニスラケットまとめ

上級者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス上級者におすすめ!人気ラケットランキング【スピン系・フラット系】

中級者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス中級者におすすめしたい人気テニスラケットまとめ【スピン系・フラット系】

初心者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス初心者におすすめ!人気テニスラケットランキング【男女別】