【片手バックハンド】シングルバックハンドが上達・強打できるようになるコツ

どうもーぬつですー。

今回は片手バックハンドを打ちたい人のため、
打ったことがない人でもわかるよう細かく解説していきます。

特に、強打ができない人はチェックしてみてくださいね。

片手バックハンドのポイント

片手バックハンドのポイントは以下の3つです

  • スタンス
  • 上半身の向き
  • インパクトの位置

スタンス

スタンスは両手バックハンドと違ってスタンスが変わります。

  • 両手バックハンド=両足は平行
  • 片手バックハンド=前足が後ろ足よりも一歩前

ここではラケットを引いた横向きの状態のことを言います。

両手バックハンドは前足の方向に真っ直ぐ踏み込みますが、

片手バックハンドは前足を体の正面側に1歩踏み込みます。

こうしないと片手バックハンドでうまく体の回転を使うことができません。

相手に背中をしっかり見せるようテイクバックするために足の位置に注意しましょう。

上半身の向きに注意

テイクバック時の上半身の向きは背中が相手に見えるようにします。

  • STEP.1
    スイングは斜め後ろからスタート(テイクバック)
  • STEP.2
    身体が真横を向いた状態でインパクト
  • STEP.3
    打ち終わり斜め前を向いた状態(フォロースルー)

この流れ結構大事。

体の向きが違うのがシングルハンドで強打できない1番のポイントかもしれません。

 

というのも、両手バックハンドと同じだと思って

体が斜め前を向いた状態でボールを打っているからです。

斜め前を向いてインパクトするとボールが近すぎる

片手でボールを打っているので、体に打点が近すぎると力がうまく入りません。

ボールの勢いに負けないためにはラケットで壁を作るように腕を伸ばす必要があります。

 

ボールを打つときに斜め前を向いていて打ち終わりが正面というのは、

両手バックハンドの打ち方になりますので注意しましょう。

 

打ち終わりに斜め前を向くときには思いっきり胸を張ることが大切です。

(体の回転と両腕の開きでボールを前に飛ばすため)

インパクトの位置

これもチラチラと出てきていますが、打点はとにかく前!前!前アンド前!

ボールの威力に負けないよう、腕を伸ばしきった状態で壁を作り、

ボールを反発させるようにしましょう。

運動連鎖などは打点の位置が安定してから気にすればいいので

まずはとにかく打点の位置です。

 

打点は体から少し遠い位置で捉えられているか確認しましょう。

 

上記と理由は同じなのですが、

片手バックハンドは体に近いところで打とうとしても力も入らずうまく当たりません。

 

ただ、ここまでひたすら打点は前!と言っていますが、

体が前体重になったり前のめりになってはいけません。

体のバランスはあくまで体の中心です。

重心を崩さずできるだけ前で打点を捉えるようにしましょう。

 

また、インパクトのときに拳を前に突き出すような形でボールを打つと、

面がブレにくく、インパクトが安定します。

ワイパースイングは必要?

ワイパースイングとはフォロースルーで使うテクニックのこと。

オープンスタンスの選手なんかはフォアハンドで使う人もいるのですが、

片手バックハンドは必ずワイパースイングが必要になります。

ワイパースイングとは手のひらを車のワイパーのようにして動かすことで、

イメージとしては壁に手をついて手首を中心に左右に手を振る感じ。

これの延長線上にラケットが来るとワイパースイングになります。

 

片手バックハンドは腕全体というよりも、

テイクバックを小さくラケット面を前に出す性質上、

インパクトの後にワイパースイングで回転をかける必要があります。

 

テイクバックが小さく打点が前なので腕全体で回転をかけようとすると

どうしても打点が遅れてしまいます。

 

片手バックハンドで打点が遅れることは威力減少につながるため、

腕が伸びきっているのでインパクト後にボールをはらうイメージで回転をかけます。

そのためワイパースイングは非常に重要になるのです。

片手バックハンドって腕力いる?

片手で打ってる関係上、両手バックハンドよりはやはり必要です。

 

ただ、ボールの勢いに負けなければいいくらいの腕力があればいいので、

ひたすら筋トレが必要かというとそんなことはありません。

 

フェデラー選手も年齢が上がってきても若い選手の強烈なショットに力負けていませんし、

女子選手も片手バックハンドの選手は多いので、腕力が必ずしも必要というわけではありません。

まとめ

以上片手バックハンドについてまとめてきました。

 

片手バックハンドは習得が難しい分、打てるようになるとかっこいいです。

ちなみに筆者もテニスを始めた時は片手バックハンドで始めました。

肘を怪我して打てなくなりましたが・・・

 

コーチをしているとお客さんにも片手バックハンドについて聞かれることが多いです。

それだけ打ちたい人も多く、また悩んでる人も多いということですね。

 

片手バックハンドを打つ上でまず押さえておきたいのは、

  • 腕を伸ばして打点は前!
  • インパクト時の体の向きは横!その後斜め前に向く!
  • インパクト後はワイパースイングで回転をかける!

この3つ。

片手バックハンドについては様々な視点から記事を書きたいと思いますのでお楽しみに。