ラケットってなんで同じのが2本・複数本必要なの?持つ理由・用途を解説!

どうもーぬつですー

突然ですがテニスをしていると同じラケットを何本も持っている人をよく見かけませんか?

 

特にテニスを始めたばかりの人だと、「同じラケット何本も持ってるけど意味あるの?」

と、思う人も少なくないです。

 

テニスしている人の多くは同じラケットを複数本持っていることが多いです。

上級者になればなるほど本数が増えると言っては過言ではないですね。

 

今回は元テニスコーチの筆者が、同じラケットを何本も持つ意味をご紹介していきます。

【2020年最新】元テニスコーチが試打しておすすめ!人気テニスラケットランキング!

ラケットを2本以上持つのは予備としての意味がある

ラケットのガットはなんとなく切れる傾向はわかっても、どのタイミングで切れるか全くわかりません。

まだいける!と思ってもいきなりブチっといくこともあるあるです。

 

筆者が現役バリバリで練習してた頃はポリエステルガットが1日で切れたこともあります。

(早すぎて正直泣いた)

 

練習中ならまだしも、もし試合中にガットが切れたらもう試合できませんよね?

同じラケットを持つ最大の理由は試合の途中でガットが切れてもプレーを続けるためです。

 

試合に知り合いがいれば借りることもできますが、一人で試合に出てたらそれもできません。

というか借りる人ってそれなりのレベルの大会だとほとんどいないです。

予備のラケットも全部切れた時の最終手段といったかんじ。

 

もし試合中にガットが切れてしまい、他の人に借りたとしても、

普段の練習では使わない、スペックもガットのセッテイングも全く違うラケットを使うのは、テニスの感覚が全然違います。

そんな状態では勝てる試合も勝てなくなってしまいます。

 

むしろそれをきっかけにテニスの調子が悪くなる、なんてことも。

 

そのため試合に頻繁に出る人ほどラケットの本数も多く、

ガットが切れることに備えて同じ種類、テンションのガットを張ってあるラケットを予備として持っておく人が多いのです。

 

ちなみに筆者が試合会場で見た最大本数は1人で12本持ってました。

でかいラケットバック2個両肩から下げてて大変そうでした(

 

12本はプロでもない限り極端すぎる例ですが、一般プレーヤーなら2〜3本持ってればとりあえずOK。

2本以上はテニスをする頻度や、ガットの切れる頻度によって本数を増やせばいいです。

 

ガットを張り替えに出しても、予備があれば張り替えに出してる間もテニスできますしね。

【2020年最新】使いやすくて機能的!おすすめラケットバッグランキング!【特徴・選び方もご紹介】

練習で使って伸びたガット、張りたてのガットで分けて用意する

これも人によるんですが、張りたてのガットが嫌いで試合の前にある程度使ったガットのほうが好きという人もいれば、

張りたてが最高!という人もいます。

 

そろそろ切れそうだから、試合前に1本は予備として張り替えておく人もいれば、

2本どっちもそれなりに使っておいて試合にのぞむ人もいます。

 

試合当日の調子によっては使い込んだガットが使いにくく感じる場合もあり、

気分転換、調子が悪くてもいい方向に持っていけるかも、という理由で張りたてのラケットを用意する人もいます。

逆も然りですね。

 

パターンは様々ですが、ある程度使ったガットのラケット、

張りたてのガットのラケットと分けて2本以上用意する人もいる、ということです。

【徹底解説】元テニスコーチがおすすめするガットのテンションの決め方まとめ

天気やコートによって変える

選手の中にはラケットが同じでも、ラケットによってガットの種類やテンションを微妙に変えてる人もいます。

 

ガットはその日の天気、湿度によって日々コンディションが微妙に変化します。

 

プロの選手なんかだと試合当日の天気によって、

試合の直前に専門のストリンガー(ガットを張る人)に張り替えてもらう選手も少なくないです。

 
しかし一般の人がそんなことをするのは

お金の面でも手間の面でも現実的ではありませんよね。

 

なので、普段使ってるテンション、ちょっとテンションが強め、もしくは弱めに張ってるラケットを一緒に持っておく人が多いです。

 

またコートもサーフェスの種類の違いやその日によってコンディションが微妙に違いますので、

試合が始まる前の練習の感触でラケットを変えたりもします。

tennis-shoes-top 【最新】走りやすく疲れにくいテニスシューズのおすすめ・人気モデルまとめ【メーカー・コート別】

やっぱりラケットって2本以上あったほうがいいの?

正直これはその人のレベルとテニスをする頻度によります。

 

まだテニスを始めたばかりで週1~2回くらいの人なら1本で十分。

 

レベルはあまり高くなくても週4~5やる人、

週末しかやらないけどよく試合に出るのであれば2本は必要です。

 

今はテニスのレベルが高くないから1本で十分と思っていても、

上達していけばガットの切れる頻度が早くなり、2本必要になってきます。

 

特に試合に出ることを考えているのであればなおさらですね。

ラケットが複数本必要な人
  • テニスを週3以上する人
  • テニススクール以外でもテニスをする人
  • 定期的に試合に出てる人
  • ガットが切れる頻度が早い(数日〜1ヶ月以内)
  • ハードヒットしてる自覚がある人
ラケットが複数本必要ない人
  • テニスを始めたばっかの人(初級〜中級くらい)
  • テニススクールでしかテニスをしてない人
  • 週1〜2回趣味でやってる人
  • 基本的にガットが切れることはほとんどない人
  • ハードヒットしてるとは思わない人

まとめ

全く同じラケットを2本買うのってなんだか抵抗感があると思います。

せっかく買うなら同じじゃなくて違うのも試したいですしね。

 

しかし本気でうまくなりたい、上達したいのであれば、

ラケットをコロコロ変えて練習したり、まして試合に出るということはやめましょう。

 

プロだと同じラケット9本とか持って試合に臨むなんてこともザラですからね。

 

それだけテニスというものはラケットとボールの当たる感覚が大切なスポーツなのです。

 

気軽に楽しみたい、とりあえずボール打ちたいレベルなら1本でもかまいませんが、

少しでも上達して試合に出たい!と考えるのであれば早いうちにラケット2本そろえることをおすすめします。

関連記事:レベル別おすすめテニスラケットまとめ

上級者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス上級者におすすめ!人気ラケットランキング【スピン系・フラット系】

中級者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス中級者におすすめしたい人気テニスラケットまとめ【スピン系・フラット系】

初心者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス初心者におすすめ!人気テニスラケットランキング【男女別】