【HEAD】グラビティ PROの評価・レビュー・インプレまとめ【ヘビーだけど使いやすい】

 

どうもーぬつですー

今回はHEAD グラビティ PROの使用感インプレ・レビュー記事になります!

 

グラビティ PROの特徴、各ショットの使用感、

おすすめのガット・セッティング、比較してほしいラケットをまとめました。

 

グラビティ PROが気になっている方は参考にしてみてくださいね。

【2020年最新】元テニスコーチが試打しておすすめ!人気テニスラケットランキング!

グラビティ PROのスペック

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:315g
  • バランス:315mm
  • ストリングパターン:18/20
  • おすすめレベル:中上級〜上級
  • 発売日:2019/07

グラビティ PROの特徴・インプレまとめ

使用感

Point
  • 打感:かため
  • ボールの飛び:普通
  • スピンのかかり:普通

カラーリングが2色、グリップも2種類

グラビティは片面がエメラルドブルー、もう片面がレッドのハイブリッドカラーが特徴のラケット。

他のラケットと違ってちょっと奇抜なカラーリング。

フェイスは大きく丸っこいのも、HEADのラケットとしては新しいタイプ。

 

グリップも原稿HEADの丸型と、昔のHEADの扁平グリップの2種類が選べるようになってます。

100インチ 18/20の珍しいモデル

目が細かいのにフェイスサイズが100インチというちょっと珍しいモデル。

18/20でもしんどさを感じさせず、持ち上げやすい。

 

ハードな打感がほしいけど、18/20はちょっと難しい・・・

と思う人におすすめ。

 

グラビティシリーズで一番重い315gのラケットなので、面の安定感が強く、ショットに重さがあります。

目が細かいラケットなのにスピンのかかりもよく、ガツガツたたいて打ち合えます。

 

厚く当てた方が良さが出るので、グリグリよりもフラットドライブ向けのラケットになっています。

TOURよりも硬く飛ばないが・・・

グラビティTOURよりも10g重く、2mm薄いので薄くて重い、

さらには目も細かいので多くの人が使いたがらないスペックですが、

グラビティPROには打感のやわらかさを感じ、ボールが乗ってフレームが飛ばしてくれるので

そこまでしんどくないのが正直な感想。

 

フェイスサイズも大きいのでインパクトもシビアじゃないのが使いやすさに一役買ってます。

 

TOURでは弾き感があったのが、フレームが薄くなってるので弾いてる感じはないし、

むしろボールの乗りが良くてしなるのでしっかりショットをコントロールできます。

 

目が細かいので打球感もはっきりしていますが、

フレームのやわらかさとパワーがシビアに感じさせないので、

スペックの割に意外と使う人を選ばないラケットになっています。

【HEAD】グラビティ TOURの評価・レビュー・インプレまとめ【オールラウンダーなラケット】

グラビティ PROのいいところ・向いている人

  • 重さがあるので安定感が強く、ボールを潰してる感じがある
  • ハードなスペックの割にかなり使いやすい
  • TOURだとショットの重さに物足りなさを感じる

グラビティ PROの悪いところ・向いていない人

  • MP、TOURのようなマイルドさはない
  • MP、TOURのほうが使いやすさは上
  • 重くてフェイスが大きいのでやや取り回ししにくい

ショット別に見るグラビティ PROの特徴・使用感

ストローク

MP、TOURと比べると硬く、打感がはっきりしています。

ある程度自分からスイングしないと飛ばしてくれないですが、

しっかり振れる人ならグラビティのパワーを感じられると思います。

 

スペックの割に打球感は固すぎずやわらかさがあるので、そこまでシビアではないです。

引っかかりは薄いですが、ボールが乗るのでスピンのかかりと持ち上げやすさは健在。

 

ノビの良さはそのままに、ショットに重さが出るので、

TOURだと軽い、ハードヒットの打感が物足りない人におすすめ。

ボレー

打感は硬くなりましたが、タッチ系のやわらかさは健在。

ソフトに当ててもやわらかさを感じるので、コントロールしやすいです。

 

重さがあるのと、重さに対してフェイスが大きので、

細かい取り回しはしにくく感じるかも。

 

ボレー中心のプレイスタイルならPROは筋力のある男性向き。

それ以外の方はMPかTOURがおすすめです。

サーブ

TOURよりもバランスがさらに手元になり、重くなったので、

スピンサーブの抜けはちょっと悪くなりました。

パワーアシストもTOURのほうが強いですが、しっかり振って押して打つならPROがおすすめ。

 

逆にフラットサーブはノビはそのままに重さが出るようになるのでかなり強力。

スピンサーブも高く跳ねさせるよりもノビを活かす使い方がおすすめ。

 

同様にスライスサーブも速く低く、曲がりの小さい打ち方をするのがおすすめ。

重さがあるのでリターン側は持ち上げにくいと思います。

グラビティ PROにおすすめのガット

  • 横ポリエステル縦ナイロンorナチュラルのフェデラー張り
  • 縦横ナイロン

 

フレームが薄くなったので、ボールを打ち出すセッティングにするのがおすすめ。

やわらかめのセッティングにすることでグラビティのパワーを活かせます。

 

打球感がはっきりしているラケットなので、

テンションを落としても打感がぼやけすぎる心配はないと思います。

 

フレームが薄く、重さがあり目も細かいので、硬いセッティングはしんどいかと。

筋力があってガツンと押せる人なら、収まりを良くするために硬めにするのもアリ。

【2020年最新】元テニスコーチおすすめ!人気ガットランキング15選【ポリエステル・ナイロン・ナチュラル】

グラビティ PROと比較してほしいラケット

HEAD ラジカル PRO

Point
  • グラビティよりも弾く感覚が強い
  • ラジカルの方が回転がかかってボールが落ちる
  • グラビティよりも取り回しがしやすい
【最新】HEAD グラフィン360 ラジカル PROの評価・レビューまとめ【インプレ】

wilson BLADE 98 V7.0 18×20

Point
  • グラビティよりも飛ばない
  • 回転のかかりが良く、ショットコントロールしやすい
  • 安定感はBLEDEのほうがおすすめ
【最新】wilson BLADE 98 18×20 V7.0の評価・レビューまとめ【インプレ】

YONEX 2019 VCOREPRO 97

Point
  • グラビティよりも強いしなり感
  • グラビティよりも乗りを感じる、打球後の収まりがいい
  • ガツンとたたいて飛ばすならVCOREPRO
【YONEX】2019 VCORE PRO 97の評価・レビュー・インプレまとめ【ボールの乗り・つかみの良さは健在】

グラビティ PROの評価・レビューまとめ

以上、グラビティ PROのまとめ記事でした。

 

薄ラケのいいところを残しつつも、ラケットパワーとやわらかさで使いやすくなっているので、

同スペックの中でも使用ハードルがやや低いラケットになってます。

 

タッチとショットの威力、両方とも欲しい!という欲しがりなプレイヤーにおすすめ!

関連記事:レベル別おすすめテニスラケットまとめ

上級者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス上級者におすすめ!人気ラケットランキング【スピン系・フラット系】

中級者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス中級者におすすめしたい人気テニスラケットまとめ【スピン系・フラット系】

初心者向けおすすめテニスラケット

【元コーチがご紹介】テニス初心者におすすめ!人気テニスラケットランキング【男女別】