【wilson】ULTRA V3.0シリーズ 2020の評価・レビューまとめ【ULTRAできる】

どうもーぬつですー

錦織圭選手使用シリーズの新作、ULTRA V3.0シリーズが発表になりました!

 

ULTRA V3.0 100、100S、100L、100UL、108の5機種での展開になります。

 

ざっくり情報をまとめると、

CLASHの対になるラケット、コンパクトなスイング向け、打感のやわらかさに特徴があるようです。

近年発売された、BLADEやCLASHとデザインを揃えていますね。

 

ということでULTRA V3.0シリーズの現時点でわかってる情報をまとめました!

ULTRA V3.0 2020シリーズの特徴

しなりのCLASH、たわみのULTRA V3.0と対になるラケット

wilsonのやわらかい系ラケットはCLASHとULTRAがありますが、

しなりの強さがやわらかい打感を生み出すCLASHに対して、

フレームに硬さがありガットをたわませることでやわらかい打感を生み出すULTRA、

という違いがあるようです。

 

ボックスとラウンドの特徴が生み出すやわらかさの違いのようですね。

コンパクトなスイングで楽に飛ばせるのがコンセプト

CLASHはフレームをしならせるため大きくスイングするのがポイントでしたが、

ULTRA V3.0はガットの食い込み、からの復元力で飛ばすラケットなので、

コンパクトなスイングで弾くように打つのが得意なラケットになっています。

 

早いタイミング、テンポで返球する使い方がおすすめのラケットになっています。

とにかく打感がやわらかい・ボレー向きのラケット

ULTRAシリーズは今作で3代目になりますが、

発売当初からボレーのしやすいラケットという触れ込みで発売されました。

 

まだ使ってないので詳細はわかりませんが、

見た感じ相当やわらかい打球感をしていそうです。

 

ボレーもすんごい乗っており、タッチ系の人に人気が出そうですね。

ULTRA V3.0 2020シリーズのラインナップ

ULTRA V3.0 100 2020

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:300g
  • バランス:320mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ラウンド
  • おすすめレベル:中級〜上級?
  • 発売日:2020/03/02

ULTRA V3.0 100S 2020

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:300g
  • バランス:320mm
  • ストリングパターン:18/16
  • フレーム形状:ラウンド
  • おすすめレベル:中級?
  • 発売日:2020/03/02

ULTRA V3.0 100L 2020

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:280g
  • バランス:320mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ラウンド
  • おすすめレベル:初級〜中級?
  • 発売日:2020/03/02

ULTRA V3.0 100UL 2020

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:260g
  • バランス:330mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ラウンド
  • おすすめレベル:初級?
  • 発売日:2020/03/02

ULTRA V3.0 108 2020

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:108インチ
  • 重さ:270g
  • バランス:335mm
  • ストリングパターン:16/18
  • フレーム形状:ラウンド
  • おすすめレベル:初級?
  • 発売日:2020/03/05

まとめ

以上、ULTRA V3.0 2020シリーズのまとめでした。

 

ラケットのスペック、打球感のやわらかさ、取り回しのしやすさから、

筋力、スイングスピードに自信がない人、テニス歴の浅い人におすすめできそうです。

 

あとはやわらかすぎて打感がぼやけないかだけチェックしたいですね・・・!