【YONEX】ポリツアースピンの評価・レビューまとめ【インプレ】

どうもーぬつですー

今回はYONEX ポリツアースピンのレビュー記事です!

 

【2020年最新】元テニスコーチおすすめ!人気ガットランキング15選【ポリエステル・ナイロン・ナチュラル】

YONEX ポリツアースピンのスペック

ガットの特徴
  • 素材:ポリエステル
  • タイプ:反発系
  • ゲージ:1.20mm 1.25mm
  • カラーリング:ブラック、コバルトブルー
ガットの性能
  • 打球感:かため
  • ボールの飛び:飛び控えめ
  • ショットスピード:3
  • スピンのかかり:3
  • 耐久力:2

YONEX ポリツアースピンの特徴

ポリエステルらしいハードな打感

ポリツアーはポリエステルガットにしてはマイルドめな打感をしているのが特徴ですが、

派生系であるポリツアースピンはポリエステルガットらしい硬さ、ハードな打感をしています。

 

硬い面でゴリゴリにスピンをかける、

これぞポリエステル!といったガットになっています。

引っかかりは強いがそこまでスピンが強くない?

ポリツアースピンはスピンのかかりがいいですが、飛びは控えめ。

スイングスピードが早いほどスピンがよくかかります。

 

飛びは抑えられてるので軌道を高めにしてたたいても、きっちり収まってくれます。

 

ただ、多角形ガットらしく引っかかりの強さはありますが、

バウンドの跳ねとノビはそこまで強くありません。

 

スピンを武器にするというよりは、収める使い方がおすすめ。

テンションを落として深さを出しても収まるので、ハードヒッターに好まれるでしょう。

YONEX ポリツアースピンの使用感

打球感:ややかため

ポリエステルガットらしいはっきりした硬めの打感。

マイルドめで弾いて飛ばすポリツアーファイアとは真逆のガット。

 

腕にもガツンと衝撃がくるので、張るときは硬くしすぎないように注意。

ボールの飛び・反発力:飛び控えめ

近年増えている飛びのいいポリエステルとは逆で、

これぞポリエステル!というボールの飛ばなさ。

 

早く振った分だけボールが飛ぶ、かつスピンがかかって収まるので、

筋力、スイングスピードに自信がある人におすすめです。

ショットスピード:3

ポリツアーシリーズはショットスピードの出しやすいガットですが、

ポリツアースピンは引っかかりが強くなり、逆にショットスピードは出にくくなった印象。

 

EZONEのように打ち出して飛ばすような、パワーのあるラケットと合わせると相性抜群。

パワーのないラケットに張るのであればテンションを落とすのがおすすめです。

スピンのかかり:3

ポリツアースピンという名前ですが、スピンを武器にするにはちょっと弾きが足りない印象。

バウンド後の跳ね、ノビともにそこまで強くなく、

ググッとブレーキがかかるようにきっちり収まってくれる落ちが特徴のスピンガットになっています。

 

グリグリスピンで軌道をあげる使い方よりも、

フラットドライブがアウトしやすい人が使うと、ポリツアースピンの良さを感じれると思います。

耐久力:2

切れるのはそこまで早くないですが、

引っかかる感じが伸びるにつれて薄くなっていきます。

張ってから割と早く伸びていくので、テンション維持はあまり良くないです。

 

伸びきると収まりが悪く感じます。

普段1週間とかで切る人ならいいですが、早くても1ヶ月はガットが切れないような人が使うのには向かないかも。

YONEX ポリツアースピン比較して欲しいガット

Babolat RPMブラスト

【babolat】RPMブラストの評価・レビューまとめ【インプレ】

YONEX ポリツアーファイア

【YONEX】ポリツアーファイアの評価・レビューまとめ【インプレ】

ルキシロン アルパワースピン

【LUXILON】ALU POWER SPIN(アルパワースピン)の評価・レビューまとめ【インプレ】

YONEX ポリツアースピンの評価・レビューまとめ

以上、YONEX ポリツアースピンのまとめ記事でした。

 

ポリエステルらしいハードな打感がある、そして持ち上げやすく収まりがいいので、

学生を中心にスイングスピードにもの言わせてハードヒットする人におすすめ。

 

一方でスピンを武器にバウンド後高く跳ねさせたり、ノビが欲しいという人には合わないかも。

ショットで差し込んでいくならポリツアーファイアのほうがおすすめ。

 

アウトミスが多くて収まりきってくれないことが多い人は、

ポリツアースピンがおすすめです!