【DUNLOP】FX500の評価・レビューまとめ【インプレ】

どうもーぬつですー

今回はDUNLOP FX500の使用感インプレ・レビュー記事になります!

 

DUNLOP FX500の特徴、各ショットの使用感、

おすすめのガット・セッティング、比較してほしいラケットをまとめました。

 

DUNLOP FX500が気になっている方は参考にしてみてくださいね。

【DUNLOP・SRIXON】テニスラケットの特徴・選び方・おすすめまとめ!【評価・レビュー・インプレ】

DUNLOP FX500のスペック

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:300g
  • バランス:320mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ラウンド
  • おすすめレベル:初中級〜中上級
  • 発売日:2020/08

DUNLOP FX500の特徴・インプレまとめ

使用感

Point
  • 打感:普通
  • ボールの飛び:強め
  • スピンのかかり:やや控えめ

100インチの中でも飛びの強いラケット

FX500は100インチ、黄金スペックのラケットの中でも飛びが強めに感じました。

 

軽めに振ってもベースライン付近まで飛んでくので、

スイングスピードがある人はやや硬めに張るのがおすすめです。

全体的にライトで使用ハードルが低め

FX500は飛びは強いですが中厚に多い硬さがなく、グッと乗るやわらかさがあるので、

かなり使用ハードルが低めに感じました。

 

どのショットを見ても楽でシビアさを感じなかったので、

使用ハードルが低めのラケットになっています。

競技用としては・・・?

使用ハードルは低めですが一方で競技用としてはやや物足りなさを感じました。

打感がマイルドなのはいいのですが、重さのある威力があるショットを受けたりするとやや面がガタつく感じがあります。

 

男性プレイヤー、特に学生などゴリゴリ打ち合うような人には合わないかもしれません。

一方で女性プレイヤーには飛びの良さと打球感のマイルドさが非常におすすめです。

DUNLOP FX500のいいところ・向いている人

  • 飛びが強いのに打感が硬くない
  • 飛ぶけど収まりがよく感じる
  • ハードヒットした分以上にボールが飛んでくれる

DUNLOP FX500の悪いところ・向いていない人

  • 深さは出るけど、ショットスピードはそこまで出ない感じ
  • スライスのノリがかなり悪い
  • 軌道をあげにくいので、グリグリスピンには向かない
  • 中途半端なスイングだと収まりが悪く感じる

ショット別に見るDUNLOP FX500の特徴

ストローク

ボールの飛びはいいのに打球感にハードさを感じません。

軽めに振ってもベースライン付近まで飛んでいきますが、

ハードめに振ってもしっかり振り抜けばきっちり収まってくれるので、

全体的に深く差し込んでいきやすいラケットだなと思いました。

 

一方で強弱がつけにくい、というわけでもなく、

ショートクロスなど短めのショットもスイングできっちり狙えたのも印象的。

 

一方でFX500TOURほどではないですが、スライスのノリはあまり良くないです。

スピンも軌道をあげすぎるとアウトするので、フラットドライブ向きのラケットだなと感じました。

ボレー

ボレーは非常にタッチの感覚がよかったです。

基本深さが出しやすいですが、強弱がつけやすいのでショートクロスやドロップも打ちやすいですし、

飛びすぎて暴れることなくきっちりコントロールできたのも印象的。

 

球際も強く、かなりボレー向きのラケットだなと感じました。

サーブ

フラットサーブのノビがいいです。

バウンド後グイーンと伸びて行きます。

 

一方でサーブのスピード、重さは思ってたよりも出なかったかなと。

重さはまだしも、これだけ飛ぶからスピードも出るかと思いきや、

ラケットに食い込んでから打ち出しまでに若干ロスがあるなぁという印象。

 

スピード出そうとすると結構オーバーするんですよね。

なのでゴリゴリに打ちに行くよりは7割くらいの力でしっかりコントロールするように使うと、

バウンド後のノビで思った以上に差し込んでいけました。

 

一方で回転系のサーブは微妙でした。

スピンは引っ掛かりがあまり良くなく、

スピンをかけすぎるとネットにかかりやすくかけなさすぎるとすぐオーバーする、

入っても伸びもバウンドもそこまで強くないのでリターンからすると打ちごろの高さになることが多かったです。

 

スライスの方がまだ曲がりがあるのでいいですが、

そこまで曲がりが強くなく、結構オーバーするので、

使い方が難しいなぁと感じました。

曲がりだけでなくノビも軌道の低さも、重さもあまりないです。

 

基本的にフラットサーブで勝負するラケットだなと。

女性プレイヤーで基本フラットサーブを使う人は、

非常に良さを感じれると思います。

 

一方でキックサーブなどゴリゴリの回転系のサーブをメインに使う男性プレイヤーには合わないと思います。

DUNLOP FX500におすすめのガット

  • 縦ポリエステル横ナイロンorナチュラルのハイブリッド
  • 縦横ポリエステル

 

競技用として使うなら基本的には硬めのガット、硬めのセッティングが合うと思います。

ラケット自体がかなり飛ばすので、硬さを出すことで打ちごたえ、

ショットの威力を出すことができます。

 

筋力、スイングスピードに自信がない人でも

4Gソフトやエレメントなど、やわらかめのポリエステルガットにしてみるのがおすすめ。

 

ナイロンだとやわらかすぎて逆に打感が悪くなりそうなので、

やわらかめのポリエステルをテンション低めにするのがおすすめです。

【2020年最新】元テニスコーチおすすめ!人気ガットランキング15選【ポリエステル・ナイロン・ナチュラル】

DUNLOP FX500と比較してほしいラケット

DUNLOP FX500 TOUR

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:98インチ
  • 重さ:305g
  • バランス:315mm
  • ストリングパターン:16/19
  • おすすめレベル:中級〜上級
  • 発売日:2020/08
Point
  • FX500よりも収まりが強いラケット
  • 使いやすさ、飛びの良さならFX500
  • ガンガンスイングしたいならFX500TOUR
【DUNLOP】FX500 TOURの評価・レビュー・インプレまとめ【飛ぶけど硬くない】

wilson BLADE 100 V7.0

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:300g
  • バランス:320mm
  • ストリングパターン:16/19
  • おすすめレベル:初級〜中級
  • 発売日:2020/01
Point
  • FX500よりもはっきりとした打感で収まりがいい
  • はっきりした打球感、やや飛びを抑えてコントロールしたいならBLADE100
  • 飛びの強さ、深さの出しやすさならFX500
【wilson】BLADE 100 V7.0の評価・レビュー・インプレまとめ【日本限定スペック】

YONEX EZONE 98 2020

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:98インチ
  • 重さ:305g
  • バランス:315mm
  • ストリングパターン:16×19
  • フレーム形状:ラウンド
  • おすすめレベル:中級〜上級
  • 発売日:2020/01
Point
  • FX500よりも強い打ち出しがある
  • ショットスピード、ノビの強さならEZONE
  • コントロールのしやすさ、収まりの良さならFX500
【YONEX】EZONE 98 2020の評価・レビュー・インプレまとめ【打ち出す!差し込める!】

DUNLOP FX500の評価・レビューまとめ

以上、DUNLOP FX500のまとめ記事でした。

 

FX500は初中級レベルの人を中心に特におすすめのラケットです。

初中級だけでなく、女性プレイヤーであれば初中級〜上級まで長く使えるラケットだと思います。

 

デザインもかっこいい感じなので、これからテニスを始めようと考えてる人におすすめしたい1本ですね・・・!

関連記事:レベル別おすすめテニスラケットまとめ

上級者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス上級者におすすめ!人気ラケットランキング【スピン系・フラット系】

中級者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス中級者におすすめしたい人気テニスラケットまとめ【スピン系・フラット系】

初心者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス初心者におすすめ!人気テニスラケットランキング【男女別】