【YONEX】EZONE 98 2020の評価・レビュー・インプレまとめ【打ち出す!差し込める!】

 

どうもーぬつですー

今回はYONEX EZONE 98 2020の使用感インプレ・レビュー記事になります!

 

YONEX EZONE 98 2020の特徴、各ショットの使用感、

おすすめのガット・セッティング、比較してほしいラケットをまとめました。

 

YONEX EZONE 98 2020が気になっている方は参考にしてみてくださいね。

【YONEX】EZONE 2020シリーズの特徴まとめ!【打ち出しがえぐい!】

YONEX EZONE 98 2020のスペック

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:98インチ
  • 重さ:305g
  • バランス:315mm
  • ストリングパターン:16×19
  • フレーム形状:ラウンド
  • おすすめレベル:中級〜上級
  • 発売日:2020/01

YONEX EZONE 98 2020の特徴・インプレまとめ

使用感

Point
  • 打感:普通
  • ボールの飛び:やや強め
  • スピンのかかり:やや強め

前のモデルよりもやわらかさ+弾き感が出た!

前作のEZONEよりも打感にやわらかさがでました。

VCOREPROのようなしなり感があり、ボールがグッと乗ってからの打ち出しが強いです。

ボールを乗せるのでスピンのかかりもいいです。

 

長くEZONEシリーズを愛用している人にすれば、2015年のEZONE DRに近い打感があります。

DRまでは好きだったけど、硬さが出て弾くようになったからと、

前作のEZONEから離れてしまった人も多いのではないでしょうか。

(筆者もその一人)

 

EZONE2020はDRの頃のやわらかさに加えて、振り抜いた後に弾き感を感じます。

なのでDRよりも飛ぶ感じはするんだけど、ボールの乗りの良さからくるスピンで収まってくれるので、

強化されたDRになった!という感じです。

 

DRユーザーはついに乗り換える時がきた・・・!

強い打ち出しとノビ!

やわらかさが出たことで、前作に比べてボールがものすごい乗るようになりました。

しなりが特徴のVCOREPROに近いレベルで乗ります。

 

球持ちがいいのでグリグリにスピンをかけるとパワーが良く伝わります。

弾き感もあるので、縦の動き強目にしても深さを出せます。

 

しかしEZONE2020の最大の特徴はフラットドライブでたたいた時の打ち出し。

バウンド後にグン!とノビます。

 

弾き感が出たことで深さも出るので、深く飛ばしてさらにノビるえげつなさ。

うーん、かなりいいモデルチェンジになったのでは!?

YONEX EZONE 98 2020のいいところ・向いている人

  • 打ち出す力の強さがすごい
  • 98インチだがフラットドライブでもグリグリスピンでも使いやすい
  • 弾く前にボールの乗りを強く感じるので、しっかりたたける
  • 飛ぶけど意外に収まる

YONEX EZONE 98 2020の悪いところ・向いていない人

  • 人によってはスライスの乗りが悪く感じるかも
  • 打ち出しの良さはスイングスピードある人の方が感じられるかも

ショット別に見るYONEX EZONE 98 2020の特徴

ストローク

フラットドライブ、グリグリスピン共に使いやすいと思います。

スイングスピード、回転量のどっちでも深さの調節ができるし、

飛ぶけどなんでも飛ばす飛ばし屋じゃないので、ドロップショットやアングルショットなど、

飛びを抑えたショットも苦にしません。

 

フレームにやわらかさを感じるんだけど、しなってボールが乗るので打感がぼやけないです。

けどボールは飛ぶしノビもあるしで、ラウンドとボックスの両方のいいとこを持ってます。

 

唯一スライスの当たり、乗りが微妙だったかもしれません。

当たった時の打球音がガシュっという音が強く、乗りが薄いというか、空洞感があるというか。

 

ただ正直誤差だと思います。

神経質な人だと気になるかな?くらい。

 

順回転系、フラットドライブの威力が良すぎるのでデメリットというデメリットですらないと思います。

(圧倒的べた褒め)

ボレー

ラケット面の安定感が強く、飛びすぎず飛ばなすぎずで強弱がつけやすかったです。

当たりどころが悪くても飛ばしてくれるので、球際がかなり強いです。

 

ボレーでものすごいたたかれても、粘り強くかなりの数返球できたのが印象的。

 

ストロークと同じくスライスタッチのボレーだとやや空洞感を感じるかも?

飛びの良さを活かして厚めに押すようにボレーするとめちゃくちゃ気持ちがいいです。

サーブ

フラットサーブのノビがすごい!

ワイドに打ったらほとんどエース取れるんじゃないかレベル。

たたくと飛びすぎず普通に収まるし、バウンドにグイーンとノビるので、たたき甲斐があります。

 

サーブの重さは際立って強いとは感じなかったです。

ただノビがエグくて重さがなくてもガンガン差し込んでいけます。

 

スピンサーブもかなりノビます。

たが跳ねとキックサーブの曲がりはそこまで強く感じなかったかなと。

ノビ重視で使うのがいいと思います。

 

スライスサーブも曲がりはそんなに強くないですが、ノビがすごい、

切りすぎず回転量抑えめでフラット気味に打つのがおすすめ。

 

曲がり重視でなくノビ重視のスライスサーブだと、相手はかなり持ち上げ辛そうにしてました。

YONEX EZONE 98 2020におすすめのガット

  • 縦ポリエステル縦ナイロンorナチュラルのフェデラー張り
  • 縦横ポリエステル

フレームがボールを持ってくれるので、

弾き強いポリエステルガットでノビとショットスピードを強化するのがおすすめ!

ポリツアーストライクやポリツアーファイアが抜群に合うと思います。

 

ガットの食い込みからの打ち出しを利用すれば重さも出せるので、

RPMブラストなんかもおすすめです。

 

ファイアだとフレーム青、ガット赤というかなり派手めなセッティングになるのはさておき、

ガツガツ差し込んでいけるようになりますよ!

【2020年最新】元テニスコーチおすすめ!人気ガットランキング15選【ポリエステル・ナイロン・ナチュラル】

YONEX EZONE 98 2020と比較してほしいラケット

wilson BLADE 98 16×19 V7.0

Point
  • しなりとスピンが両立したラケット
  • 収まりの良さ、ハードな打感が欲しいならBLADE
  • 飛び、ノビ、ショットの威力を取るならEZONE98
【最新】wilson BLADE 98 16×19 V7.0の評価・レビューまとめ【インプレ】

YONEX VCORE PRO 97

Point
  • YONEXを代表するしなりの強いラケット
  • 収まりとコントロール性を取るならVROREPRO
  • 飛びとノビを取るならEZONE98
【YONEX】2019 VCORE PRO 97の評価・レビュー・インプレまとめ【ボールの乗り・つかみの良さは健在】

Babolat ピュアドライブ VS

Point
  • 使用感が似ているラケット
  • ラケットのパワー、ショットの重さならVS
  • 球際の強さ、飛び、ノビを取るならEZONE98
【Babolat】ピュアドライブVSの評価・レビュー・インプレまとめ【圧倒的完成度の高さ!】

YONEX EZONE 98 2020の評価・レビューまとめ

以上、YONEX EZONE 98 2020のまとめ記事でした。

 

2020年一発目からいいラケットが登場しましたね・・・!

EZONE98は98インチとは思えないショットの威力、球際の強さがあります。

シングルスプレイヤーはもちろん、ダブルスプレイヤーにも好まれる1本になってます。

 

ストロークならバウンド後のノビがピカイチ、

ボレーなら強い面の安定感で相手に押し負けない粘り強さ、

サーブは強いノビを活かしてガンガン差し込んでいけます。

 

なによりDRユーザーは嬉しいモデルチェンジになってるはず!

オールラウンダーに性能の高いラケットになっているので、迷ったら買いですよ!

関連記事:レベル別おすすめテニスラケットまとめ

上級者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス上級者におすすめ!人気ラケットランキング【スピン系・フラット系】

中級者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス中級者におすすめしたい人気テニスラケットまとめ【スピン系・フラット系】

初心者向けおすすめテニスラケット

【元コーチがご紹介】テニス初心者におすすめ!人気テニスラケットランキング【男女別】