Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/xs801250/tofuday.com/public_html/wp-content/plugins/siteorigin-panels/inc/styles-admin.php on line 390
ストロークのアウトミスを減らして安定させたいなら腰をしっかり落とすべし! | Net Tennis Log

ストロークのアウトミスを減らして安定させたいなら腰をしっかり落とすべし!

どうもーぬつですー

突然ですがストロークを打つときにしっかり腰を落としてますか?

ストロークのアウトが多かったりホームランになってしまうような人は

腰をしっかり落としてなくて棒立ちになって打ってることが多いです。

 

今回はボールを打つ時に腰を落とすことの大切さについてまとめます。

腰を落とすってどういう状態?

簡単に言えばちょっと高めの位置の空気椅子の状態です。

錦織選手は特にしっかり腰が落ちてます。
f:id:nututenpura:20180415230006j:plain

練習の時から腰をしっかり落とすことで 、試合の時でもストロークに安定感を出すことができます。

腰を落とすとどんな効果が?

まず土台が安定するのでショットが安定します。

体が伸び上がるのを抑えられるので、ショットのアウトミスを減らすことができます。

特にフォアハンドは自由が利きやすい分振り回しやすいです。

アウトミスの特に多いショットですので、

しっかり腰を落とすことでアウトミスしないようにしましょう。

腰を落とすコツは?

1番のコツは常に中腰でいること。

高い打点で捉えるスマッシュやサーブは多少伸び上がってもいいですが、

それ以外はボールに対して低く入った方がショットが安定しやすいです。

最初はかなりきついかもしれませんが、なれてくるとそれが当たり前になってきますので、

まずは腰を落とすということに慣れましょう。 

まとめ

最近私も強打する時ほど体が伸び上がっていることに気づいたのでこの記事を書きました。

ストロークのアウトミスに悩む方は試してみてくださいね。