【HEAD】グラフィン360+ プレステージ 2020 TOURの評価・レビュー・インプレまとめ【飛ぶ!?持ち上がる!?】

 

どうもーぬつですー

今回はHEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 TOURの使用感インプレ・レビュー記事になります!

 

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 TOURの特徴、各ショットの使用感、

おすすめのガット・セッティング、比較してほしいラケットをまとめました。

 

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 TOURが気になっている方は参考にしてみてくださいね。

【Prince】テニスラケットの特徴・選び方・おすすめまとめ!【評価・レビュー・インプレ】

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 TOURのスペック

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:99インチ
  • 重さ:305g
  • バランス:320mm
  • ストリングパターン:18/19
  • フレーム形状:ボックス
  • おすすめレベル:初中級〜中上級
  • 発売日:2020/01

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 TOURの特徴・インプレまとめ

使用感

Point
  • 打感:ややかため
  • ボールの飛び:普通
  • スピンのかかり:普通

乗せて飛ばしてる感じが強い

プレステージシリーズの中で乗ってる感じが強く、

薄ラケの特徴が一番出てるのがこのプレステージTOURです。

 

打球するとグッとのせてフレームがしなってスパン!と飛ばします。

今回のプレステージ2020はシリーズ通して打球感が比較的マイルドなので、

より乗り感を強く感じると思います。

使いやすいボックス薄ラケ

ほどよく打感に硬さがあり、軌道をあげてボールを結構飛ばしてくれるので、

非常に使いやすいボックス系薄ラケだなと思います。

 

狙ったところにショットをきっちり打ち分けたい、狙えるようになりたい

という人におすすめです。

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 TOURのいいところ・向いている人

  • 乗せて飛ばす打感で勝手に弾いて飛ばさない
  • 目が細かいけど固すぎず飛ばしてくれる
  • ショットコントロールがしやすくコースの打ち分けがしやすい

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 TOURの悪いところ・向いていない人

  • ハードヒットすると飛びすぎる感
  • 硬い打感、ガツンとくるハード感がほしい人にとっては物足りない
  • ハードヒットしたり強いショットを受けるとラケット面がガタつく

ショット別に見るHEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 TOURの特徴

ストローク

グッとボールを乗せてパーンと飛ばしてくれます。

軽めに打っても深さが出てくれ、厚く当てるとちょっと飛びすぎるくらい。

ハードヒッターの人が使うならポリエステルでやや硬めに張るのがおすすめ。

 

振り回してガンガン当てるとややラケット面がガタつくので、

中上級者以上の人でハードヒットする人はプレステージPROのほうがおすすめです。

 

プレステージTOURはコントロール性を重視する人におすすめです。

 

ハードヒットよりはスイングスピードはひかえめ、

合わせるような使い方をする人は使いやすいのではないかと。

薄いグリップの人にも良いと思います。

 

あとスライスのノリが良く、ノビがいいです。

片手バックハンドも打ちやすいのでおすすめです。

ボレー

フェイスサイズも大きく飛ばしてくれるので深さが出しやすいです。

球際にも強く、粘り強くボレーを拾えます。

 

ただ強いボールを受けるとちょっと面がガタつくなと感じました。

押すように乗せて打つと気持ちいい打感で飛んでくれますが、

合わせるだけだと飛ぶには飛ぶけどガタついて負けてる感じがする、といったかんじ。

 

95インチのPROの方がフェイスサイズが小さい分粘りでは負けますが、

ボレーの打ちやすさ、面の安定感は強いかなと。

 

スライスタッチも悪くないですが、浅くなりやすいです。

ボールの乗りがいいラケットなので、ボレーは押すように打つのがおすすめです。

サーブ

フラットサーブのあたりが気持ちいいですが、

がっつりたたくと飛びすぎるのとやや面のガタつきを感じます。

軽めの力で打つとスパン!と気持ちいい打感。

 

サーブは深さが出しやすく、ノビもそれなりですが、やや軽い印象。

 

スピンサーブはノビが強いです。

高く跳ねるよりはノビで差し込んでいく使い方がいいかなと。

 

スライスサーブは曲がりはそれなりなので外に追い出す使い方がいいですが、

上級レベルの人だと多分物足りないです。

低い軌道で滑る、重さのある持ち上げにくいスライスサーブは打ちにくいかなと。

 

メインはフラットサーブかなと。

サーブのコントロール性が良く、深さの出しやすいラケットなので、

コースを狙ってリターンを絞らせない使い方がおすすめです。

 

サーブの威力、回転量多く差し込んでいくならプレステージPROの方がおすすめです。

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 TOURにおすすめのガット

  • ポリエステル縦ナイロンorナチュラルのフェデラー張り
  • 縦横ポリエステル

 

収まりを良くするならポリエステルガット、

より使いやすさを出すならハイブリッドor縦横ナイロンがおすすめ。

 

ストリングスパターンの細かいラケットなので、

やわらかめのセッティングでも打感がぼやけません。

 

より楽にボールを飛ばせるようになるので、

初中級レベルの人が使うならやわらかめのセッテイングがおすすめです。

【2020年最新】元テニスコーチおすすめ!人気ガットランキング15選【ポリエステル・ナイロン・ナチュラル】

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 TOURと比較してほしいラケット

YONEX VCOREPRO 97

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:97インチ
  • 重さ:310g
  • バランス:310mm
  • ストリングパターン:16/19
  • フレーム形状:ボックス
  • おすすめレベル:中上級〜上級
  • 発売日:2019/09
Point
  • 弾きよりもしなりが特徴的なラケット
  • ハードヒットするならVCOREPRO
  • 楽に飛ばすならプレステージTOUR
【YONEX】2019 VCORE PRO 97の評価・レビュー・インプレまとめ【ボールの乗り・つかみの良さは健在】

Prince BEAST 100

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:100インチ
  • 重さ:300g
  • バランス:320mm
  • ストリングパターン:16×19
  • フレーム形状:ラウンド
  • おすすめレベル:中級〜上級
  • 発売日:2019/09
Point
  • やわらかい打球感でもう少し飛ばしてほしい人に
  • 弾いて飛ばす、スピンをかけるならBEAST
  • 乗せて飛ばす、コントロール性を重視するならプレステージ
【Prince】BEAST 100 2019の評価・レビュー・インプレまとめ【万能黄金スペック】

wilson BLADE V7.0 18×20

ラケットのスペック
  • フェイスサイズ:98インチ
  • 重さ:304g
  • バランス:325mm
  • ストリングパターン:18/20
  • フレーム形状:ボックス
  • おすすめレベル:中上級〜上級
  • 発売日:2019/08
Point
  • 引っかかりと持ち上げやすさが特徴
  • ハードヒットするならBLADE
  • マイルドな打感がいいならプレステージ
【最新】wilson BLADE 98 18×20 V7.0の評価・レビューまとめ【インプレ】

HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 TOURの評価・レビューまとめ

以上、HEAD グラフィン360+ プレステージ 2020 TOURのまとめ記事でした。

 

薄ラケとは思えない飛びの良さで、打感もはっきりしてるので、

コントロールしたショットをコート深くに打ち込んでいけます。

 

ラケットを振れるようになって、ショットコントロールを身に付けたい、

薄ラケデビューしたい、と考えてる人におすすめのラケットになっています!

関連記事:レベル別おすすめテニスラケットまとめ

上級者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス上級者におすすめ!人気ラケットランキング【スピン系・フラット系】

中級者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス中級者におすすめしたい人気テニスラケットまとめ【スピン系・フラット系】

初心者向けおすすめテニスラケット

【2020年最新】テニス初心者におすすめ!人気テニスラケットランキング【男女別】