【LUXILON】ELEMENT(エレメント)の評価・レビュー・インプレまとめ【やわらかポリ】

どうもーぬつですー

今回はLUXILON ELEMENTのレビュー記事です!

LUXILON ELEMENTの特徴や打球感、比較してほしいガットなどをまとめました。

 

LUXILON ELEMENTが気になっている方は参考にしてみてくださいね。

【2019最新】元テニスコーチおすすめ!人気ガットランキング15選【ポリエステル・ナイロン・ナチュラル】

LUXILON ELEMENTのスペック

ガットの特徴
  • 素材:ポリエステル
  • タイプ:ホールド系
  • ゲージ:1.25mm 1.30mm
  • カラーリング:ブロンズ
ガットの性能(最大5)
  • 打球感:かなりやわらかめ
  • ボールの飛び・反発力:やや飛ぶ
  • ショットスピード:2
  • スピンのかかり:2
  • 耐久力:2

LUXILON ELEMENTの特徴

やわらかくホールド感の強いガット

ホールド感が強くめちゃくちゃくいつきます。

打球感はポリエステルなんだけど、ショットの感じはナイロンのもの。

 

まさにポリエステルとナイロンの中間、といったガット。

初めてポリエステルを使ってみようと考えてる人でもハードル低めで乗り換えられるでしょう。

 

ただ、エレメントのやわらかさは悪く言えば高威力のスピンが打てるとか、

高反発でボールを飛ばすなどといった特徴がありません。

 

競技者が使うのであれば、

良くも悪くも自分のテニスの技術、スイングの影響を受けるガットなので、

自分からたたいていける、筋力、スイングスピードに自信がある人に特におすすめのガットです。

 

厚くハードヒットできる人であればボールのノビはピカイチです。

弾くではなく打ち出す感覚

ナイロン感があるためか、ポリエステル独特の硬さで弾いてる感覚はあまりありません。

やわらかいガットはガットの戻りが強くないため、ボールが乗って打ち出す感覚がありますが、

エレメントは硬めのナイロンのような打ち出す感覚があります。

 

ポリエステルの硬さとしなやかもあってか、打ち出す感覚がより強調されてると思います。

 

しなる系のラケットよりも弾く系のラケットにおすすめ。

エレメントは厚く打球するほうがぐいーんとノビるので、

しなるラケットに使うならしっかりボールを押すための筋力、スイングスピードが必要になります。

 

スイングスピードが早い、スイングすればするほどボールが乗って打ち出す恩恵を感じることができると思います。

スピンがかかるというより収まる感覚

エレメントにはあまりひっかかるという感覚はなく、

ガットに乗ってボールが転がすようなスピンのかかり方をします。

 

なので軌道が上がってスピンで落ちるというよりも、

真っ直ぐ打って自然に落ちていく、という表現があってるかも。

 

深く打ちすぎたかな?と思ってもストン、と落ちるので非常に収まりがいいです。

厚くハードヒットすると結構ボールがノビるので、たたいて差し込んでいってもいいし、

ボールが暴れずショットコントロールしやすいので、相手を動かす使い方もできます。

【LUXILON】ELEMENT ROUGH(エレメントラフ)の評価・レビュー・インプレまとめ【超やわらかポリ】

LUXILON ELEMENTの使用感

打球感:かなりやわらかめ

ボールがグッと乗るのがわかるくらい、くいついている感覚があります。

打球した後の飛びはポリエステルらしくスパン!と飛んでく感触があり、

弾いてるよりも打ち出してる感じ。

 

弾く系のラケットだとこの打ち出す感覚をより強化でき、

ショットの威力も上げられると思います。

 

スペックだけ見るとポリエステルらしくないやわらかさなので、

ポリエステル初心者でもハードル低めに乗り換えられると思います。

ボールの飛び・反発力:やや飛ぶ

乗って打ち出す感覚が強いので、スイングスピードがある人ほどホールド感を感じられ、

ガットの復元力でボールがスパン!と飛んでいきます。

深さを出して打っても自然なスピンでストンと落ちるので収まりもいいです。

 

縦の動き多めでスピンをこするようにかけるよりも、

横の動き強めでフラットドライブで厚くたたく人におすすめ。

 

弾いて飛ばしてる感じはなく、ガットがつかんで戻ることで飛ばしている感じで、

スイングすればするほど乗ってスパン!と飛んでいきます。

ショットスピード:2

繰り返しになりますが打ち出す感覚が強いので、

スイングスピードがある人ほどショットスピードが出ます。

 

バウンド後のノビがよく、コントロールもしやすいので狙って差し込んでいくことができます。

スピンのかかり:2

スピンは引っかかってかかるというよりも、ナイロンのようにガットの上を転がって順回転がかかってる感じ。

 

なので軌道をあげて高く弾ませるグリグリスピンよりも、

フラットドライブで低い軌道でノビを活かしてたたく使い方がおすすめ。

スライスもぐーんとノビるので、バックハンドでスライスを多用する人にも好まれると思います。

耐久力:2

ポリエステルにしては切れやすいです。

打球感が気持ちよくてハードヒットしてると、ブチっといきます。

削れてるというよりも衝撃で点で力が加わって切れる感じです。

 

ボールのノリがいいガットなので、打球時の伸び縮みが激しくテンションロスも激しいです。

張りたては最高に打ちやすいですが、1ヶ月もすればブヨブヨな感じに。

 

よくガットが切れる人のほうがエレメントの性能を活かせると思います。

LUXILON ELEMENTと比較して欲しいガット

RPMブラスト

Point
  • エレメントと真逆の弾く系ガット
  • 引っかかりがよく、弾くので威力のあるスピンが打てる
  • 打感は硬め
【babolat】RPMブラストの評価・レビューまとめ【インプレ】

ポリツアープロ

Point
  • エレメントと真逆の弾く系ガット
  • 打ち出すのは一緒だが、硬さで弾いて飛ばしてる感じ
  • 打感は硬め
【YONEX】ポリツアープロの評価・レビューまとめ【インプレ】

ルキシロン 4G

Point
  • エレメントよりやや硬いホールド系のガット
  • 打ち出す感覚はエレメントの方が強い
  • 打感はエレメントよりもやや硬め
【ルキシロン】4Gの評価・レビューまとめ【インプレ】

まとめ

以上、LUXILON ELEMENTのまとめ記事でした。

 

やわらかめのポリエステルガットメーカー、ルキシロンの中でも一番やわらかいと言われるエレメント。

ラオニッチ選手が元々使用していることで知られてましたが、錦織圭選手が使い始めたことで日本でも認知されるようになりました。

 

やわらかさを活かした打ち出しの感覚、ノビの良さがありつつも、

暴れずショットコントロールのしやすさは非常に魅力的。

 

スイングスピードに自信がある人はぜひ試してほしいですね!